【審査は厳しい?】 AirPAY(エアペイ)審査に落ちた原因は?

AirPAY(エアペイ)に申し込みをしても審査に落ちて「なんで落ちた??」なんて疑問になって混乱している状況じゃないでしょうか。

そこで今回はAirPAY(エアペイ)の審査基準と審査に落ちた原因を徹底的に解説していきます。さらに、解決策もご紹介していきます!

スポンサーリンク

AirPAY(エアペイ)は審査基準は少し厳しい

AirPAYは実際に審査に落ちたという人も多くいるようで、準備しようとしても審査に落ちるためキャッシュレス決済の波にうまく乗ることができない事実もあるようです。

AirPAY(エアペイ)の公式では「審査基準の詳細は答えられない」となっております。審査自体は少し厳しく、行なっている事業によっては審査が通りにくい、あるいは審査条件に満たしていないのも原因として挙げられます。

AirPAY(エアペイ)の運営はご存知の通り「リクルート」が行なっており、クレジットカードも発行しているため審査に抜かりはありません。

そのため、審査が通りやすいかといえばそれは間違いでしょう。

多くの店舗でAirPAY(エアペイ)が利用されているため自分の店にも導入できるだろうと申し込みをしても審査に通らなければ詳しい理由が気になるかと思います。

AirPAY(エアペイ)の審査に落ちた3つの原因

AirPAY(エアペイ)の審査に落ちた原因がわからないと何がいけなかったのか改善することが困難になってしまいます。

なのでここでは審査に落ちた原因となりうる可能性の高いものを一挙にご紹介していきます。

1. 業種や取扱商品に問題がある

AirPAY加盟店規約の規約に触れている可能性があります。規約には以下のように記されています。


第29条 取扱商品等
1. Airペイ加盟店は、第4条第1項で届出を行った商材以外の商品等について、本決済取引を行ってはならない。
2. Airペイ加盟店は、第4条第1項又は第7条の届出の有無にかかわらず、以下の商品等の取引を行ってはならない。


(1) 公序良俗に反するもの
(2) 銃砲刀剣類所持等取締法・麻薬及び向精神薬取締法・ワシントン条約その他の関連法令、条例等又は国際条約の定めに違反するもの
(3) 第三者の著作権・肖像権・知的所有権などの権利を侵害するもの
(4) 商品券・プリペイドカード・印紙・切手・回数券その他の有価証券、換金性のあるポイント、電子マネーのチャージ
(5) 商品等の引渡し若しくは役務提供を複数回に渡り又は継続的に行う取引

引用元:AirPAY(エアペイ)加盟店規約

夜のお店の場合は審査基準が厳しいこともあり、キャバクラ、ホストクラブ、ガールズバー、風俗、スナック、パブ等で「健全な運営」「実店舗がある」「必要な書類・写真等」の確認がしっかりできなければ落ちてしまう可能性が高まるということです。 

また、取扱商品に問題があるなどが原因となっている場合があります。

2. 必要書類・データが足りない

申請後の書類不備でのメールに気づかないことです。事業形態によっては多くの申請書類が必要なるケースがあります。

店舗によって必要な書類の量もそれぞれで違います。未開業店舗などは申請する情報やデータは多くありませんが、「移動販売」「野外販売」「イベント出店」などは審査が厳しくなる傾向があります。

ただし、店舗形態が理由だけで審査に落ちることはありません。

3. 過去の加盟店としてまたクレジットカード利用状況が問題

今まで利用していた、クレジットカード決済端末を利用していて加盟店での支払い事故や問題がある場合は審査が通りづらい傾向にあります。

また、事業者様のクレジットカード履歴に延滞があったりすると審査を通過することが難しい状況になります。

VISA・MasterCardの審査は比較的に通りやすい?

VISAやMasterCardは通った事業オーナー様は多くいるようです。

またその他の決済が落ちた場合でも、その後AirPAY(エアペイ)利用して時間がたち次第、審査に申し込みをしたら審査に通ったという口コミもあるので利用実績を積み上げることでその他の決済も利用できるようになることもあるようです。

未開業店舗や開業したばかりのお店の審査は?

よく事業年数が一年未満であったり、未開業の場合審査に通らないとネット上では言われていますが、必要な書類を揃えてさえいればそれだけの理由で審査に通らないことはありません。

審査に落ちた場合の解決策

VISAやMasterCardの審査も落ちてしまっていている人はどうするのがベストなのでしょうか。以下では解決策について紹介していきます。

他のキャッシュレス決済サービスに申し込みをする

AirPAY(エアペイ)を利用できないとなれば他の決済サービスを利用せざる終えません。

たくさんの中から選ぶのは大変なのでおすすめできるサービスとしてはSquare(スクエア)です。

Square(スクエア)がおすすめ!

審査に落ちた原因のところで「業種や取扱商品に問題がある」とお伝えしました夜のお店についてはSquare(スクエア)であれば審査は比較的に通りやすいのではないかと思います。

さらに、Square(スクエア)であれば、最短で翌日から店舗に設置して運用を開始することが可能なので急ぎで用意する必要があるならかなりおすすめです。

Square(スクエア)の特徴
  • 最短翌日で導入が可能
  • 売り上げの入金サイクルが早い
  • 振込手数料が無料
  • 持ち運びが楽でスタイリッシュ



月額固定費無料でカード決済導入!

QRコード決済「プリントQR」を導入する

また、決済端末ではなく「プリントQR」でキャッシュレス化を始めるのも良い選択でもあります。

ネット回線や準備に必要なものが比較的に少なくすぐに始められることも大きなメリットです。

PayPay(ペイペイ)がおすすめ!

PayPay(ペイペイ)のプリントQRは「置き型」であり、QRコードがレジの前に立てて置けるもので、ネット環境の設置や配線の手間がかかりません。

すぐにQRコード決済を導入することができることと支払い手数料はゼロ円です。(※期間限定)

PayPay(ペイペイ)の特徴
  • 初期費用ゼロ
  • PayPayアプリの利用者多数
  • 流行りのQRコード決済が簡単に導入が可能
  • 決済手数料無料(※期間あり)

おわりに

審査はAirPAY(エアペイ)は少し厳しめ。

審査に落ちたとしても他の手段があるのでお店に合ったキャッシュレス決済サービスを選び、焦らずお店のキャッシュレス化の準備をしてきましょう。

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク