アトディーネのコンビニ支払いはクレジットカードで済ませることはできる?

ジャックスグループが展開している「アトディーネ」で、後払い決済を行うショップも増えています。例えば、バンダイやアナップ、アスクルなど誰もが知っている会社名ばかりです。

日頃から通販サイトを使って買い物をする機会の多い人にとっては、後払いで商品が購入できるのはとても有り難いサービスだと思います。そんなアトディーネを使って後払いを選択したときに、コンビニでお金を支払う際にクレジットカードが使えるのかについて、気になっている人もいるのではないでしょうか?

どうしても現金が用意できないとき、クレジットカードが使えるかどうかについて調べてみました。

スポンサーリンク

アトディーネの仕組み

アトディーネは、商品受け取りをしたあとに後払いにて決済できるサービスです。注文を受けるとすぐに商品をお届けできること、コンビニや銀行・郵便局など身近な施設からお支払いができる便利さもあって、利用者を年々増やしているサービスです。

毎回使っているような通販サイトであれば問題ないのですが、はじめてつかったりたまにしか使わない通販サイトになると、その都度クレジットカードなどの支払情報を入力しなくてはいけないので手間もかかり大変です。

後払い決済では後日届いた請求書を持っていずれかの窓口などで支払いを行うので、買い物をするときに余計な入力作業も必要ありません。強いていうのであれば、決済時に手数料がかかるケースもあります。

なかには無料にしているショップもありますが、まれな話です。商品代金以外にもお金がかかってしまうことがあります。そもそもどうしてこのような後払いのサービスが利用できるのかについてですが、あなたが商品の購入をしたときに、アトディーネが一時的にお金を立て替えて支払いします。

そのため、ショップにとっても未回収金になるリスクがないので、すぐに商品を発送できるのです。アトディーネは請求書を発行し、後日あなたからその立て替えた分を回収するというのが仕組みです。そのため、アトディーネにとってもお金を回収できないと利益になりませんし、会社としてマイナスになってしまいます。

アトディーネはコンビニ払いでクレジットカードが使える?

通販サイトで商品の購入をして支払い方法をアトディーネ(後払い)にした場合、原則として現金での支払いしかできずクレジットカードが使えません。クレジットカードであれば支払日を延ばすことができますし、ポイントも溜まるし一石二鳥なのでは?と思っている人もいるかもしれませんね。

そもそもどうしてコンビニでクレジットカードが使えないのかについてですが、お互いが契約してはじめて成り立つものです。クレジットカードを使うと手数料が発生するのですが、そのお金はお店側が負担しなくてはいけません。

客単価の高いお店であれば元が取れるのかもしれませんが、コンビニのようにジュース1本だけなど単価の安いコンビニになってしまうと、手数料を負担したときに赤字になってしまう可能性が考えられるのです。

そのためクレジットカードを使えないというよりかは、使いたくないというのがコンビニの本音です。この理由を考えると実はコンビニ以外でも少額のお店にとってはクレジットカード払いを嫌がるケースもあります。ランチの飲食店なども同様、薄利多売のお店は現金のみを選択していることが多い傾向にあります。

【実は解決作あります。】クレジットカードでも支払い可能な方法!

クレジットカードでコンビニのレジで支払うことはできないと言いました。

では、どんな方法を取ることで解決するのか?それはクレジットカードのショッピング枠を現金化すると言う方法です。

簡単な流れを説明すると、

  1. 使いたいクレジットカードでAmazonギフト券(Eメールタイプ)を購入する
  2. Amazonギフト券を買取業者に売る
  3. 自分の銀行口座に振り込んでもらう
  4. 口座から現金を引き出し支払いを済ませる

こちらの記事で詳しく解説しています↓

【最短10分】クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法|めちゃ簡単です

収納代行手数料について

クレジットカード決済でコンビニ側に手数料がかかる話は先程しましたが、これを「収納代行手数料」といいます。そもそもこの機能を導入するときに初期費用もかかりますし、毎月固定の費用や決済手数料などがかかります。

収納代行会社によっても金額は違うものの、クレジットカード決済を導入すると意外とコストがかかり高くなってしまいます。例えばA社の場合、決済金額の1.5%+100円が件数分かかってしまいます。

決済の件数がどのぐらいになるのかによっても違うので一概にはいえませんが、結構大きなお金だと思いませんか。この手数料を考えると、コンビニでは直営店もあればFCもあり大きな負担になってしまうのです。

これらの理由から後払いがコンビニでクレジットカード決済ができない理由だと言われています。利用者にとってはその選択ができたらもっと商品やサービスを購入するのになんて思っている人もいるかもしれませんが、リスクが大きいことを考えるとあまりに現実的ではないといえるのではないでしょうか。

アトディーネの支払いが遅れそうなときはどうするの?

アトディーネの支払期限は請求書が発行された日から14日以内に、商品やサービス代金を支払うことになります。そのためいつ注文したのかによって、人それぞれ支払期日が変わります。なかにはついうっかり支払いを忘れてしまった…なんて人もいるかもしれません。

もしアトディーネの支払期日に間に合いそうにない、忘れていて1日過ぎてしまったときは、そのままにせず早めに電話するなり、支払う意思を伝えるようにしてください。事前に相談があったのか、もしくは何も相談がないまま遅れているのかによっても信用度が変わってきます。

本来であれば支払いが遅れないに越したことはないのですが、どうしても遅れてしまいそうなときは早めに連絡をしてディーネにいつ支払えるのか約束しておきましょう。もちろん、ここで約束した支払日に遅れてしまうようなことは絶対にないようにしてくださいね。

二度あることは三度あると思われてしまい、アトディーネのサービス自体が使えなくなってしまうことも十分に考えられます。アトディーネを導入しているショップもたくさんあるので、後払いサービスが使えなくなってしまうのも困りますね。

アトディーネの支払いを滞納してしまうとどうなるの?

アトディーネのように後払い決済を利用する人のなかには、支払日が過ぎてもお金を払わず滞納させてしまう人もいます。正直後払いを選択して滞納は悪質なことだと思いますし、そのままにしていると法的措置の対象になってしまうこともあります。

もし法的処置が必要になってしまうと、信用情報に登録されブラックリストになってしまうこともあります。一度載ってしまうと5年間は記録として残り、さまざまな審査が通らなくなってしまうのです。

アトディーネから督促を受けている状態で早めに解消しておけばいいのですがあまりにも連絡を無視したり、悪質だと認められてしまうと判断を弁護士に委ねられてしまいます。最悪、給料の差し押さえになったり、銀行口座の凍結などなにもいいことがありません。

たかが通販の後払いの支払いの滞納だろうと思っているかもしれませんが、あなただけの問題ではなく家族にも迷惑がかかってしまったり、犯罪者になってしまうので要注意!

おわりに

アトディーネのような後払い決済は何かと助かりますよね。給料日までちょっと先だけど今スグに欲しいアイテムがあったときに後払いにしておけば、その場でお金を用意する必要がないので、商品が届いてから決済の手続きを行えば良くなります。

その分あとで支払いにしているのを忘れてしまったり、予想外にお金がかかり決済ができなくなってしまうと、大きなトラブルに発展してしまいます。

後払い決済は気軽に使える分、しっかりと管理すること、現金でしか支払えない分お金をしっかりと残しておかないと後々大変なことになってしまうので注意してくださいね。

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク