【iPhone持ち必見】バンドルカードはApple Payに登録して利用は可能なのか?

支払い時に利用できるバンドルカードはネットショッピングのときはもちろん、店頭で買い物をするときにも便利なサービスです。

カードの名前はついていますが、スマホにアプリをダウンロードして使うものになります。

そんなバンドルカードが「Apple Pay」でも利用できるのかどうか、気になりますよね。

バンドルカードに興味がある方やApple Payでも使えるのかどうか疑問に思っているあなたに、Apple Payで決済ができるのかどうかについて説明します。

スポンサーリンク

バンドルカードとは

バンドルカードとは

バンドルカードは、「Visaブランド付きのプリペイドカード」です。

Visaは東京オリンピックでもオフィシャルパートナーになるぐらい国際ブランドでもあり、日本・海外・インターネットなどどこでも使え、クレジットカード会社のなかでもNo1のシェアを誇ります。

そのためほとんどの場所で問題なく使用できます。

バンドルカードは申込みや発行するときにクレジットカードのような審査も必要ありませんし、年齢制限もないので中学生・高校生であっても気軽に作れます。

必要なときにすぐに作れるのもバンドルカードの良さですね。

クレジットカードのように後払いだと使いすぎてしまう心配もありますが前払式のプリペイドカードになるので、入金した金額のみ使用できます。バンドルカードはもともと設定されている上限額も高いので、十分に買い物時に使えますし便利です。

またバンドルカードには手元にお金がなくても、後日払いを選択してチャージを行うこともできます。チャージの可能額は1回あたり3,000円~20,000円となり、利用した分の支払いは手数料と一緒に翌月末までに入金をすれば問題ありません。

ただし手数料が高額になりますので、緊急でお金が必要な場合のみ利用するのをおすすめします。

また、チャージしない期間が続くと手数料の100円が発生してしまいます。その支払いができないと利用停止になってしまうこともあるので十分に注意してくださいね。

参考記事

バンドルカードの発行日数とチャージ手数料はどれくらい?

またバンドルカードの面白いところが、希望者には発行料300円でリアルカードを発行して実店舗での利用もできます。基本はネットショッピング時に使うバンドルカードですが、リアルカードにすればコンビニでも使えると考えると使い勝手の良い1枚といえるでしょう。

クレジットカードを頻繁に使う人であれば、かなりお得なカードだといえるのではないでしょうか。

Apple Payとは

Apple Pay

バンドルカードがApple Payで利用できるかどうかを説明する前に、まずはApple Payのサービスについて把握しておきましょう。

Apple PayはモバイルSuicaのような役割を担っているもので、日本では2016年10月より導入されたサービスになります。

お財布ケータイのような仕組みといえばわかりやすいかもしれません。実はApple社の支払い機能のためApple Payと呼んでいるだけに過ぎず、Androidを利用している場合は、Android Payともいいますよね。

ガラケーの場合はお財布ケータイという場合が多いようです。

Apple Payで何ができるのかというと、「ID」や「QUICPay」に対応しているお店であれば、店舗の支払いに利用することもできます。

セブンイレブンやローソン・ファミリーマートなどの主要コンビニで使用できること、スーパーマーケットなどの支払いも簡単になります。

交通ICカードとして、iPhoneのままで利用できるのでiPhoneさえ持っていればそのまま電車やバスの乗車ができるのは便利ですね。

他にも高額支払いも対応しているのが嬉しいポイントです。

飛行機のANAにも対応していて、チケットを購入するときに役立つなど、私たちの身の回りにあるさまざまなところで活躍しています。そのためApple Payの利用者も年々増加しています。

バンドルカードはApple Payでも使えるの?

これだけ便利な機能を搭載しているApple Payに、バンドルカードが使えたらもっとお得に使えそうですよね。バンドルカードをリアルカードにしない場合は、スマホ経由で決済を行うのでバンドカードとApple Payは近い気もします。

まずは結論から伝えてしまうとバンドルカードをApple Payで利用することは残念ながらできません。

バンドルカードの質問や注意書きなどが記載されているサポートを見ると、Apple Payに関わらず、電子マネーを利用できないと記載されています。

チャージもできないので、クレジットカードを決済カードに登録する選択しかできません。

他にもバンドルカードが利用できず制限がかかっているものには以下のようなものがあります。

  • ガソリンスタンド
  • 宿泊施設
  • 公共料金
  • 定期支払
  • 高速道路
  • 保険
  • 自動券売機
  • 機内販売

など暗証番号の必要になるお店ではバンドルカードの利用ができない場合が多くなります。

参考記事

ただし現在のところ特に決まってはいないのですが、利用できる範囲については変わっていく可能性もありますので、バンドルカードを確認するようにしてくださいね。

バンドルカードはとても便利なカードなので幅が広がると嬉しいですね。

Apple Payで利用できるクレジットカードの種類は?

Apple Pay自体も利用できるクレジットカードが限定されています。

手持ちのカードを登録するときに、

「このカードはご利用できません。Apple Payで利用可能なカードかどうか確認してください」

と表示が出てしまいます。

そのためApple Payを使いたいと思っている人は、登録できるカードの範囲を事前に確認した上で検討するようにしてくださいね。

またApple Payで使えるクレジットカードの種類は以下のものになります。

Apple Payで利用可能なクレジットカード
  • JCBカード

  • クレディセゾン

  • オリコカード

  • ビューカード

  • エポスカード

  • 三菱UFJのニコス・アメックス

  • ジャックスカード

  • アプラス

  • 三井住友カード

  • イオンカード

  • ライフカード

  • ポケットカード

(※2019/6時点)

他にもソフトバンクカードやdカード、auWELLETクレジットカードなどの大手キャリアのクレジットカードも選択できます。

バンドルカードでApple Payが使えるのかどうかについて説明しましたが、残念ながら現状では使えません。でも今後バンドルカードの需要が伸びていけばもしかしたら使えるようになるかもしれません。

バンドルカードは誰でも気軽に使えるカードになりますし、クレジットカードを持っていない人でもネットショッピングがもっと気軽に利用できるようになります。

またApple Payを利用するときはクレジットカードによって登録ができないのは注意しておいてくださいね。

関連記事

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク