バンドルカードは分割支払いできるのか?

バンドルカードの後払い機能とポチッとチャージは、プリペイドカードをクレジットカードのように使える機能として、欲しいものがあっても給料日前でお金がないときでも気軽に利用できると話題になっています。

でも確かにクレジットカードのような機能は搭載していても、支払い方法を調整して分割などを選択することはできるのでしょうか。

もしポチッとチャージを使ったのに、予定外に出費が増えてしまい返済できなくなってしまっては意味がありませんよね。

バンドルカードの支払いについて説明します。

スポンサーリンク

バンドルカードの支払い方法は?

バンドルカードの支払い方法から見ていきましょう。

コンビニ・ネット銀行・銀行ATM(ペイジー)などの支払い方法を選択することが出来ます。

支払う金額は「毎月末日」までにチャージした金額の合計と、手数料を合わせた金額を支払う必要があり事前にアプリで金額を確認したうえで支払いを行います。

そもそも前払いのチャージの場合は手数料などはかかりませんので、バンドルカードのポチッとチャージを利用したときのみ、手数料がかかります

具体的には3,000円~10,000円の場合で「500円」、

10,001円~20,000円の場合で「800円」かかります。

バンドルカードの支払いサイクルですが、

例えば5月中にチャージを行った場合は、6月30日まで(翌月末)までに支払いを行うようになります。

このリミットはアプリから確認できますので忘れてしまいそうなときは事前に確認します。

バンドルカードのポチッとチャージは分割できる?

バンドルカードのポチッとチャージの支払い方法について、分割などの選択ができるのかどうか調べてみましたが、バンドルカードサポートによりますと

「リボ払いなどの分割払いは承っておりません」

と起債がありました。

チャージ残高にある範囲内で一括払いとなるようです。

そのため指定の支払日までに一括払いで必要な金額を収めておく必要があります。

そもそも分割やリボ払いが選択できるクレジットカードは、カード会社にお金を借りて、そのお金を買い物したお店が受け取って契約が成立します。これは誰もができる方法になるのですが、あくまでもカード会社に借金をしている状態になります。

これを分割して返済することになるのですが、お店にとってはお金はすでに受け取っている状態になるので、マイナスになる心配がありません。

でもバンドルカードのようにプリペイド式のカードの場合は、あなたが返済してくれる保証がどこにもないので、分割支払いなんて方法を選択することが出来ないのです

この仕組みを知るとバンドルカードが分割やリボ払いの選択を設けていないのが納得ですね。

お金を立て替えるものではないので、あなたが欲しいものがあればその金額をバンドルカードに入金している必要があるのです。

その時点で分割支払いとはいえませんよね。支払い時に分割を伝えたとしても、エラーになってしまうのでその心配はありません。

バンドルカードの使いすぎて支払いができなくなってしまう?

バンドルカードの支払い日を忘れていたり、ついつい使いすぎてしまい支払いが間に合わなくなってしまったなんて人もいるかもしれません。

ポチッとチャージの場合は、あまりにも気軽に利用できるので、油断するとついつい使いすぎてしまうことも。

そうはいってもポチッとチャージでは上限が2万円と決められていますので、高額になりすぎてしまう心配は少ないと思います。

クレジットカードなどは何十万も使いすぎてしまい…なんてこともありますが、その面はバンドルカードは安心です。

この辺りも年齢制限などなく未成年でも使えることに繋がっているのだと思います。

バンドルカードの支払いに遅れるとブラックカードに登録される?

クレジットカードはブラック情報に登録されてしまい、その後新しくカードを作れなくなってしまったり、住宅や車のローンなどに影響してしまうこともありますね。

バンドルカードの場合は、支払いを遅延してしまったとしてもブラック情報に登録されてしまう心配はありません。その理由は金額云々の問題ではなく、運営会社である株式会社カンムが個人情報を記録するデータベース(個人信用情報機関)との繋がりがないからです。

そのため過去にクレジットカードの遅延があり、ブラックになってしまった人でもバンドルカードのポチッとチャージを利用することができるはずです。

ただしバンドルカードのサポートにも記載があるように、遅延額に対して

「年率14.6%を乗じた遅延損害金」

の支払いが発生してしまいます。支払いが遅延してしまうとそれだけペナルティがかかりますし、場合によっては取り立てなどの危険性もあるので、支払いが遅れないように注意してくださいね。

バンドルカードが分割以外に覚えておきたい支払い注意点

バンドルカードを所持するのに分割やリボ払いの選択ができない以外にも、Visaといえどもクレジットカードとは異なる点があります。覚えておくと安心です。

1. ポイントはたまらない

クレジットカードや一部のプリペイド式カードの場合は利用額に応じてポイントを貯め、支払いなどに利用できますが、バンドルカードにはその選択がありません。

もし高額な商品やサービスにバンドルカードを使いたいと思っているのであれば、ポイント還元がついているカードなどに変更した方が、結果として得になることもあります。

2. 5年で支払いができなくなる

バンドルカードには有効期限があるので、5年が経過してしまうと支払い自体ができなくなってしまいます

カードの表面に記載されているはずですので忘れてしまわないようにしてくださいね。

3. チャージは慎重に

バンドルカードは一度チャージしたお金を返金することができません。

なかには登録してチャージしたはいいものの使いにくく解約したいと思っても、チャージ分が戻ってくることはないので、中身を使い切ったうえで解約するようにします。そのままにしてしまうと維持費がかかり損してしまいます。

もし残高があって解約したい場合、バンドルカード現金化での引き出しがおすすめです。

バンドルカードはリアルカードにもできますし正真正銘のVisaなので、ついクレジットカードのように思ってしまうのですが、プリペイドカードならではの違いもあります。

あとから分割の選択ができない分、使いすぎてしまう心配のないようにしましょうね。

関連記事

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク