複数可能?バンドルカードを2枚目を作ることはできる?

Visaが発行しているプリペイド式カードといえば種類がありますが、その中でも「バンドルカード」はクレジット機能付きのような後払いも選択でき最大5万円であることから特に人気があります。

便利なカードになるので1枚とはいわずに、2枚など複数作れるのかどうか気になっている人もいるのではないでしょうか。

バンドルカードが複数枚作れるのかについて徹底的に調べてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

バンドルカードは複数作ることができる?

バンドルカードにが複数作れるのかどうかですが、まずは結論として

「原則1人につき1枚」

しか所有でお願いしますとバンドルガードのサポートに記載されています。

これはスマホを複数台持っている場合でも同様になります。

もし何らかの方法でアカウント自体を複数作ると、バンドルカードの最大の特徴でるポチっとチャージの審査に落ちてしまう可能性があります

バンドルカードにお金をチャージするには本人以外が行うことができませんので、チャージを他の人にお願いするなどは「利用規約違反」になりますので注意してください。

また複数のバンドルカードを作成するときに、

「弊社規定によりNGになりました」

と表示が出てカードの審査が通らないこともあります。

なかには複数のサブアカウントを持っている人もいるのですが、電話番号やメールアドレスが同じであり、同一人物だと判断されてしまうとバンドルカードの利用が思うようにできなくなります。

バンドルカードはとても便利なカードなので、複数のアカウントを作って機能が制限されることのないように注意したいものです。

アカウントが使えなくなってしまった方が、アカウントを複数持つよりも損だといえるでしょう。

バンドルカードのアカウントを複数持っている人とは

バンドルカードが複数持てるのかについて調べてみると、意外と別アカウントを持っている人が多いことがわかります。

バンドルカードを作るための方法は電話番号を入力するだけでも作れるので、電話番号を複数持っていればいくつでもバンドルカードを作ることができます。

後払い形式の「ポチッとチャージ」についても電話番号とメールアドレスだけで利用でき、今の時代はフリーアドレスなども簡単に手に入りますよね。

【便利すぎてヤバイ!】バンドルカードとは?評判|ポチッとチャージは危険?

登録時に氏名や生年月日を入力する場所もあるのですが、正直に入力していたらさすがにバレてしまいますのでそれぞれ別のものを入力する人もいます。

バンドルカードがアカウントを作成することに対してあまり厳しくないのは「前払式」の機能にあります。

発行している会社側にリスクがないので、前払い式のバンドルカードの場合はそこまで厳しい設定をしていないのです。

そこまで考えると、利用者にとっても複数枚バンドルカードを持つメリットはありません。

なかにはポチッとチャージを利用する為に、複数枚所持して限度額の2万円をより多く利用できたらと考えている人もいます。

例えば5枚のバンドルカードを持っていれば単純計算でも2万円×5枚になるので合計10万円を手に入れることができます。

10枚なら20万と考えると、夢のような話に思えるかもしれません。

実際にバンドルカードの審査はお金を借りるときのような審査もありません。

身分証明書などもないのでアカウントを作ることはできますが、審査等でNGとなる場合が多く、アカウントを別に作るメリットがほとんどないことがわかります。

もし後払いを利用する為に、バンドルカードを作りたいと思っているのであれば得なことばかりとはいえないのを覚えておかなくてはいけません。

そのうえで本当にバンドルカードを複数枚持つ必要があるのかを検討してほしいと思います。

バンドルカードを複数所持できるか試している人がいた!

バンドルカードを複数所持できるかどうか、試している人もいるようです。

なかには本人以外のアカウントとして両親の電話番号やメールアドレスで作成している人や、友人に協力してもらうなんてツワモノもいました。

これらの方法は正式なものではないのでおすすめしません。

全く違う人物であれば、バンドルカードを別に作り所持することはもちろんできると思います。

なかにはフリマサイトで購入した端末が過去にバンドルカードを使ったことがあると、それだけで契約できないこともあります。

そのため、バンドルカードを使うためにが新しい番号やSIMであること、新しい端末でないとバンドルカードを作ることすら出来ない場合もあります。

ポチッとチャージになってから、バンドルカードの審査は厳しくなっていますので、より複数のカードを作るのは難しいのを覚えておいてくださいね。 

バンドルカードのポチッとチャージの注意点

バンドルカードを複数アカウントを持ちたいと思っている人は、おそらくポチッとチャージを目当てにしている人が多いと思います。

公式サイトにも記載されているようにとても便利なサービスのように思えるかもしれません。

金額を決めてアプリでポチっとするだけなので、急にお金が必要になったときにも便利です。

ですがあくまでも後払いの方法の一つにしか過ぎません。

手元にお金がなくても欲しいものが購入できるメリットはあるものの、支払いを遅らせるにしか過ぎません。

チャージに応じて手数料もかかります。

例えば2万円のお金をチャージして45日後に支払うとします。

この場合は実質の年利が32%前後になってしまい、実際にお金を借りるよりもかなり高額な金利がかかります。

実際こんなに高い金利がかかっていたら違法なぐらい高額であることがわかります。

どうしてもお金が今すぐに必要な人にとっては嬉しい機能ですが、簡単にお金を借りられると思って複数アカウントをと考えているのであればおすすめできません。

バンドルガードは電話番号やメールアドレスを複数用意できるのであれば、2枚目・3枚目と所持する枚数を増やすことはできなくはありません。

ですが、ポチッとチャージなどを利用するときに複数持っていると審査に通らなくなってしまうこともあり、バンドルガードをお得に使いたいと思っているなら逆効果になってしまうこともあるので、十分に注意したうえで複数枚のカードを作かを検討するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク