キャッシュレス決済とクレジットカードの違いをわかりやすく解説!

キャッシュレス決済という言葉が今年に入ってさらに、耳にするようになったかと思いますが、クレジットカードキャッシュレス決済違いがよくわからないという人は多いのではないでしょうか。

今回はキャッシュレス決済とクレジットカード決済の違いについて解説していきます。

スポンサーリンク

キャッスレス決済とクレジットカードの違いとは?

クレジットカードは簡単に説明すると、買い物の支払いを「後払い」する決済方法となります。つまり、クレジットカード会社に代金を建て替えてもらったり、分割支払いしたりするのがクレジットカードです。

一方で、キャッシュレス決済というのは、現金を使わずに支払いを済ませる方法のことをキャッシュレス決済と言います。

よってクレジットカードもキャッシュレス決済の一部となりますし、スマホ決済もキャッシュレス決済です。

キャッシュレス決済=現金を使わない決済方法

スマホ決済とクレジットカード決済は対等の関係にあります。

スマホ決済の方法は、「非接触IC決済」「QRコード決済」の二種類に分類されます。

非接触IC決済は主に以下の方法があります。

・電子交通系マネー
・楽天Edy
・au WALLET.
・iD
・QUICPay
・nanaco
・WAON

など様々な方法があります。

一方で、QRコード決済は次の種類があります。

QRコード決済

・楽天Pay
・LINE Pay
・PayPay(ペイペイ)
・メルペイ
・Origami Pay
・d払い
・ファミペイ
・7pay
・pring

これらをスマホで活用していくには、クレジットカードや銀行口座の登録をするとよりスムーズでストレスなく利用することができます。

そして、iPhoneで利用するのか、Androidで利用するのかは基本的には大きな差はありません。

iPhoneの場合は「Apple Pay」が利用できることがちょっとした違いです。Androidのでは、「Apple Pay」を残念ながら利用することはできませんが、そこまで気にするほどではありません。

Apple Payとは

Phoneのウォレットアプリにクレジットカードを登録してお会計などの決済に主に「iD」「QUICPay」「Suica」での支払いに対応できるシステムのことを指します。要するに、支払い方法をまとめたアプリになります。

Apple Payの支払いの際は、「Apple Payで」とは言いません。

「iDで」「QUICPayで」「Suicaで」


などと支払いの際はいう必要があります。

結局のところスマホ決済での利用はどちらのスマホを使っていても利用は可能です。

スマホ決済をお得に利用するポイント

スマホ決済をお得に利用するためには、クレジットカードがどの企業のものか知る必要があります。

例えば、

サービス 貯まるポイント
楽天カード 楽天Edy・楽天pay 楽天ポイント
イオンカード WAON WAONポイント
セブンカード nanaco nanacoポイント
dカード、d払い dポイント

このように自分が持っているクレジットカードによってポイントの貯め方が決まります。

キャッシュレス決済および、スマホ決済の自身にあった手段を選択して使うことでポイントを貯めてお得に利用することが可能なのです。

おすすめのキャッシュレス決済(QRコード決済)

楽天Pay(ラクテンペイ)

楽天のサービスをよく利用するのであれば、楽天Payは非常におすすめ度の高いサービスとなっています。

楽天ペイでの支払いをすると、200円につき1ポイント(0.5%)がたまるため、クレジットカードのポイント100円で1ポイント(1%)、合計1.5%のポイントが貯まります。楽天ペイを利用することでポイントの二重取りが可能になります。

さらに、楽天市場などで、クレジットカードを登録、楽天市場アプリ利用、クレジットカード引き落とし口座を楽天銀行にする、楽天保険、など利用しているのであれば、楽天市場での買い物のポイント還元率が跳ね上がります。

PayPay(ペイペイ)

ソフトバンクとYahoo! JAPANが運営する「PayPayペイペイ」はQRコード決済利用で還元率は0.5%で楽天ペイ同様に200円で1ポイント貯まります。

クレジットカードはYahoo! JAPANカードがおすすめです。

そして、Yahoo!ウォレットからもインポートできたりすしてYahoo!との連携がさせると便利に使えます。さらにPayPayは利用できるお店が多いというのもメリットです。

LINE Pay(ラインペイ)

家族や友達、誰とでも繋がることができるメッセージアプリLINEは、決済サービスも展開しています。

ポイント還元も注目されていますが、割り勘や送金、銀行口座からのチャージ、LINE保険、LINE信用スコアなど様々サービスがこれからも登場していくため、利用することは必然的となることでしょう。

LINE Payカードを発行すると利用金額の0.5〜2.0%のLINEポンとが貯まります。

LINE Payにはその他のサービスのポイントカードが利用できます。

例えば、ポンタカードやTカード、ビックカメラ、スターバックス、ヤマダ電機、Right-onなどのポイントカードをLINEに連携することができるため、まとめて管理できる手軽さもLINEPayの特徴です。

ユーザーの多さではLINEPayなので今後は利用できるお店がさらに増えることは間違いありません。

おわりに

キャッシュレス決済とクレジットカードの違いを理解できたでしょうか。

キャッシュレス時代にお得に買い物をするには、QRコード決済をたくさん利用することや自分が持っているクレジットカードとの連携が大切です。

これらのことを踏まえてキャッシュレス決済にいち早く慣れて、ポイントを貯めまくりましょう。

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク