キャッシュレス決済 問題点 課題 不正利用が多い

消費税の増税に伴い、日本でも本格的にキャッシュレス決済が広まりつつあります。

現金を持ち歩かなくても良くなりますし、防犯面や気軽に利用できる面を考えるととても便利なサービスに感じるかもしれません。

世界的にもキャッシュレス決済が広まりつつあります。

そんなキャッシュレス決済について使う前に必ず把握しておいて欲しいのが、便利な反面、問題や解決点もあるということです。

意外と知られていないキャッシュレス決済のデメリットに焦点をあてて詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

日本ではキャッシュレス化がなかなか進まない…

2018年4月に政府より発表されたのが「キャッシュレス・ビジョン」です。

一度はその名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

日本でもキャッシュレス決済の知名度に伴い利用者も少しずつ増えてはいるものの、世界的な先進国と比較するとまだまだ利用者が少ない問題があります。

その理由として日本は世界的に見ても治安がよく、お財布を落としても現金が戻ってくるぐらい安心できる国であること、ATMがどこにでもあり不便さを感じにくいことにあります。

社会的にも便利で整っている点がキャッシュレス決済が広がりにくいと言われているようです。

とはいえ、日本でもキャッシュレス化を進めようと政府ともに具体的な目標を提示しています。

今後、キャッシュレス化は進んでいくのでは?と考えられています。

また日本でキャッシュレス決済を使用している人の多くはクレジットカードだと言われており、次に流通系や交通系の電子マネーとなり20代など若い世代を中心に広がっているようです。

キャッシュレス化は課題が多い。7つの問題点について

問題1. 「種類が多すぎる」

キャッシュレス決済の名前は聞いたことがあるものの、種類が多すぎてどれがお得なのかよくわからない…そんな悩みを抱えている人も多いようです。

キャッシュレスといってもクレジットカード・デビットカード・電子マネー・スマホ決済など種類もありますし、支払い方法やポイントの還元率にも違うがあります。

支払うときの手順も違うのでキャッスレス化が進めば進むほど種類も増え、なにを選んだらいいのかわからないと話す人も多いようです。

それぞれの違いを把握したうえで少しでもお得なキャッシュレス決済にしたいと思いつつそのままになっている…なんてこともあるのでは。

迷ったときは、何を優先したいのかを明確にしたうえで決めるようにします。

例えばポイント還元率が高いキャッシュや、楽天ペイのようにポイントの二重取りができるものなど、優先したい機能をもったキャッシュレス決済を選択するようにしてくださいね。

日本でもキャッシュレス決済の種類がどんどん増えていますが、ある程度統一されると管理しやすいかもしれません。

日本では利用者から強く支持されるようなブランドが確立されていないことも課題になっています。

問題2. 「使いすぎの心配」

キャッシュレス決済で心配する人が多いのが、現金を持ち歩かなくても後払いなど(クレジット)で選択できる分、ついつい使いすぎてしまうのではないかということです。

どのぐらい使っているのか把握できておらず、支払いだけで給料のすべてを使ってしまったなんて声も…。

またお酒を飲んだときなどついつい気が大きくなってしまいカードを使いすぎてしまったなどの問題もあります。

実際に日本ではクレジットカードのキャッシュレス決済が多いのですが、ついついカードを使いすぎてしまい支払日に払えずリボ払いや分割払い、なかには滞納をしてしまう人も…。

クレジットカードは自分で支払いの管理ができないと限度額までは買い物ができてしまうので、使いすぎの心配も少なくありません。

もし自己管理が難しいのであればデビットカードやプリペイドカードなどを使うのをおすすすめします。

デビットカードであれば、使ったときにその場で口座から引き落としになるので使いすぎてしまう心配はありません。

口座にお金がないと買いたいものがあっても支払い不可になるので、購入できないようになります。

使いすぎてしまうのを心配しているのであれば、デビットカードを選択しておけば防げるはずですよ。

問題3. 「お店が限られてしまう」

キャッシュレス決済を使う上でお店によって使える店舗とそうでない店舗があるので、使いづらいと感じている人もいます。

確かにお店の種類を問わずにキャッシュレス決済が使えたら便利ですが、実際はキャッシュレス決済の種類によってもコンビニ・スーパー・デパート・店舗など限られてしまい、現金も持っていないと支払いができない可能性もあります。

使用できるお店が限られてしまうので、それなら現金を持っている方が楽だと感じる傾向にあるようです。

日本ではクレジットカードを使える場所はたくさんありますが、電子マネーやデビットカードになるととたんに少なくなり、お店が限られてしまう問題も十分に考えられます。

特に首都圏は多いものの地方に行くと使える場所が少ないと感じる人もいるようです。

また、いつもはキャッシュレス決済が使えるお店でもランチタイムなどの低価格のときはお断りにしているお店もありますし、機器の故障で一時的に使用できないケースもあります。

いざ会計をするときにキャッシュレス決済が使えないなんて問題が起きてしまうのを心配して現金派にしている人も多いようです。

問題4. 「不正利用や情報漏えいの不安」

キャッシュレス決済についてよくわかっていないからこそ、カードから個人情報を抜き取られたり不正に利用されてしまうのを心配してしまう人も多いようです。

実際に世界のキャッシュレス事情について調べてみると、支払う予定の金額よりも多く引かれていた…なんて声もあれば、スマホの電源が切れるたびにお金が引かれている気がするなどの声もあります。

世界ではキャッシュレス決済において不正利用などのトラブルも多々おきています。

実際に現金での取引でない分目にはみえないところでの取引だとより不安になりますね。

キャッシュレス決済の課題としてもこのあたりがはっきりしないと、日本で広がりを見せるのは難しいといえるかもしれません。

そもそもキャッシュレス化が世界的にも進んだ背景として、決済に伴うデータを収集して活用したいと考える動機もあります。

企業にとって予算を投資してでも欲しい情報になるので、いろいろなインセンティブをつけながらキャッシュレス化を進める動きが広まっているのです。

データを収集するうえでそのセキュリティやプライバシーの面は安心できるものなのか、不安に感じる人も多いことから顧客が安心できる条件を提示することが求められているのです。

問題5. 「お金の感覚が麻痺しそう」

現金でのやりとりは良くも悪くも手元に持っているお金でしか商品を購入することはできません。

でもキャッシュレス決済になると後払いなど今手元にお金がなくても好きなときに好きな商品を購入できるので、お金の感覚が麻痺して姉妹買い物しすぎの心配が出てきてしまうのでは?といった懸念もあります。

なんでもカードを提示したりスマホをかざすだけで決済ができてしまうので、商品の値段がどの程度のものなのか把握せずに安易に買い物をしてしまうことも…。

金銭的に余裕があるならいいのですが、そこまで余裕がない人にとっては手元にたくさんお金がある感覚で使いすぎてしまうのを怖いと感じている人もいるようです。

問題6. 「キャッシュレス化に苦手意識」

高齢者の方などキャッシュレス決済に対して嫌悪感を持っていたり苦手意識のある人も多く、現金主義の傾向が強いようです。

日本でも全国各地でキャッシュレス化を進める為の取り組みを行っています。

例えば宮城県仙台市の「楽天生命パーク宮城」ではキャッシュレス化を進める試みを行ったものの、もともと商店街の利用者には高齢者の方も多くスマホを持っていない人も多いと話しています。

クレジットカードを使うことに抵抗を感じている人も多く導入を進めるのは難しいなどの声もあります。

インバウンド対策も考え導入したものの地方になればなるほど利用者も少なく、導入する目的がわからないと感じている地域も少なくないようです。

日本は高齢化社会でもありますし、年配の人でも安心して利用できる環境を整える課題も残っているのが事実です。

問題7. 「若い世代がクレジットカードを持っていない」

20代など消費の中心となる若い世代が、その上の年代に比べてクレジットカードを所持していない人の割合も多いと言われています。

若い世代でも現金でのやりとりが大きくなっているのも改善していかないと、キャッシュレス化を進めるのは難しいのです。

現在では審査の必要がないプリペイド式のクレジットカードも登場していますが、発行する手数料もかかりますし入手する手間を考えると懸念してしまいがちです。

それなら現金やデビットカードで十分なのでは?と考える人も多いようです。

ただし2019年にフリマアプリのメルカリが発表したメルペイは、今までとは全く異なる方法の一つです。

メルカリのポイントを決済で使用できるようになり、銀行口座だけではなく利用できる幅が広がったことによって若い世代の利用者も増えるのでは?と予想されるようになりました。

日本では現金派でも世界を見れば若い世代も当たり前のようにキャッシュレス決済を使用していることもあって、進めていきたいと考えている企業も多いようです。

おわりに

キャッシュレス決済について、日本で普及させるにはこれらの課題や問題を早急に見直し解決していく必要があると思います。

確かに現金主義の傾向が強くクレジットカードの所持にとどまっているところはあります。

日本ではキャッシュレス決済について間違えた意識を持っている人もいるので、正しい情報を広げながら管理していく方法も含め検討するべきだといえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク