キャッシュレス決済 国別での比率 世界と日本の割合について

日本でもキャッシュレスを耳にする機会が増え、気になっている人も多いのではないでしょうか。

特に東京2020のオリンピックを目前として本格的にキャッシュレス化が進みつつあります。

でも日本は世界的に見てもキャッシュレス化が送れている国とも言われています。
この記事ではキャッシュレス化について日本や世界の決済比率について詳しく説明していきます。

キャッシュレス化の基礎知識

キャッシュレスの名前は耳にしたことがあっても、具体的にどのようなことをするのか知らない人も多いのではないでしょうか。

キャッシュレスの基本的な考え方は、到来の現金での取引を不要にした状態のことをいいます。

例えば私達の日々の生活で使っている「クレジットカード」や「デビットカード」などもその一つです。

他にも「交通系の電子マネー」や「スマホ決済」などもキャッシュレスです。

そう考えるとキャッシュレス決済を一度は利用したことがある人も多いのではないでしょうか。あとは「pay pay(ペイペイ)」なども一気に知名度をあげた、キャッシュレス決済です。

そもそもキャッシュレス化が進んでいる背景には、さまざまなメリットが考えられるためです。

例えば、現金を持ち歩くことなく決済ができるキャッシュレス化は、犯罪を防止することにも繋がると考えられています。キャッシュレスを取り扱っている会社はセキュリティに力を入れているので、リスクの回避にも繋がります。

また現金でやりとりをするよりも、支払履歴が残る分お金の管理がしやすくなるのもキャッシュレス化のメリットです。

何か大きな金額の買い物をするときに、大量の現金を持ち運べばその分リスクも出てきてしまいますが、キャッシュレス化にするとその心配もなくなります。

ただしキャッシュレス化のデメリットもあり、現金払いしか選択できない場所では支払いに使えないことにあります。例えば個人店もそうですし、機器になにかトラブルがおき支払いに使えないなんて事態も考えられるのです。

キャッシュレス化で支払いができる場所や地域も限られているので、必ずしもキャッシュレス決済をどこでも使えるわけではないのは覚えておく必要があります。

世界各国のキャッシュレス決済の比率

引用元:経済産業省

経済産業省が2015年に発表した少し古いデータにはなるのですが、世界各国のキャッシュレス決済の比率の状況を数値化したものです。キャッシュレス化が進んでいるのは、

1位 韓国 89.1%

2位 中国 60.0%

3位 カナダ 55.4%

4位 イギリス 54.9%

5位 オーストラリア 51.0%


10位 日本 18.4%


と続いていき、日本は10位の18.4%とかなり低い数字であることがわかります。

このキャッシュレス決済比率の計算式についてですが、分母を“国の家計最終消費支出”とし、分子を“電子マネー決済額、カード決済額”としています。

ただし分子には銀行振込や電子マネーなどの公共交通機関の乗車券購入は含まれておらず、コーポレートのみ含まれています。

分母は住居費用などの1/を占めるものを含んでいます。

ここで表示されている数字が実際に正しい比率なのかと考えると確証があるとはいいきれません。あくまでも経済産業省が出した数字であるというのを頭に入れたまま読み進めてくださいね。

日本のキャッシュレス化はどの程度進んでいる?

日本ではここ数年キャッスレス化が話題になりましたね。消費税の増税もありキャッシュレス元年になるのでは?とも考えられています。

日本では今から10年以上前のガラケーだった時代からキャッシュレス化には取り組んでいました。

今考えるとおサイフケータイなどのサービスがその走りだったことがわかると思います。

ただ、日本の場合はどこにいってもお金を引き出すATMがある利便性の良さや、治安の良さもあってわざわざキャッシュレス化にする必要がなかったのです。

またお店側にとっても機器を導入しなくてはいけいない分コストもかかります。

そもそも日本ではキャッシュレスに対して期待はしているものの、不安視する声も少なくありません。

現金主義の信仰が強い国でもあるので、キャッシュレス化が進みにくいのです。

そんな日本でも「未来投資戦略2017」によって、「今後10年間(2027年6月まで)に、キャッシュレス決済比率を倍増し、4割程度とすることを目指す。」と具体的な目標も提示されました。

その後2025年の大阪万博までにキャッシュレス決済の40%を目標を前倒しにするなど、高いキャッシュレス決済の比率を実現するとしています。

最終的には世界最高水準の80%を目指すとしています。

今の%を見ると簡単なことではないかもしれませんが、今後一気に日本でもキャッシュレス化が進むと考えられています。

世界のキャッシュレス決済1. 「インド」

インドでは、2016年11月にモディ首相によって高額紙幣の取り扱いを廃止にしています。

もともと2009年頃のインドでは、公的な身分証を所持しない国民が半数を占めていあした。

そのため、住んでいる地域によっては銀行口座はもちろん病院や役所で出生届さえ受け取ることができない状態でした。

この問題を解決するべく、指紋や網膜情報によって全国民に対してデジタルIDを配布することにしました。

これをAadharといい、2016年までに11億人の国民に発行することに成功したのです。UPIと呼ばれるインド独自の決済システムを導入したことによって、貧困層も銀行口座を所持できるようになりました。

キャッシュレス化を進めているにも関わらず、国民のほとんどは現金決済だと言われています。

この状況を早々に解決するために、インドではさまざまな施策を行っています。

公共交通機関での日現金決済の導入などの大々的な動きもあり、インドではまだまだインフラが整っていない地域も多いのでキャッシュレス化が急激に進む可能性があると言われています。

世界のキャッシュレス決済2. 「中国」

中国では現金を使用している人は少数派ともいわれており、主に「支付宝(アリペイ)」「微信支付(WechatPay)」などQRコードが進んでいます。

もともと2014年頃から中国でもキャッシュレスが爆発的に広まりました。

なかでもスマホ決済が吐出して伸びており、中国の商業銀行によるとスマホ決済業務は375億円にものぼるといわれています。

中国ではご飯を食べるのもなにか商品を購入するのもすべてにQRコードを使います。

中国の大都市では現金を使わずとも生活ができるレベルまで普及しています。

2018年には上海地下鉄ににスマホをかざして乗れるようになり、より需要も高まっていると言われています。

世界のキャッシュレス決済3. 「韓国」

世界で最もキャッシュレス決済が進んでいると言われているのがお隣の国、韓国です。

驚くべきことに2016年の調査では96.4%にまでなり国民のほとんどがキャッシュレス決済を使用していることになります。

政府が主導になりクレジットカードの使用を進めたのは1999年と他の国と比較しても早い段階から取り組んでいます。

韓国では特にクレジットカードの利用者が多く、利用額20%にもなる所得排除や宝くじの権利などのメリットを制度として導入しました。

また一定の年商を超えるショップに対しては、クレジットカードの使用を義務化し個人店であってもクレジットカードやデビットカードが使用できるように。

数百円単位であっても現金で支払うのではなく、クレジットカードを使うのが当たり前になっています。

現金のみしか使えないのは屋台や市場などの一部です。

世界のキャッシュレス決済4. 「シンガポール」

国民の5人に4人が電子決済を使用しているシンガポールでは、2025年までに小切手の使用を0にする政策を行っています。

SGQRを導入したことも大きいですし、個人間で24時間送金が可能なペイナウなども導入しています。

シンガポールではカードの普及率が35%となっており、アジアのなかでもクレジットカードの利用者が多い先進国としても知られています。

ちなみに日本は66%とシンガポールよりもクレジットカードの利用者が多く、タイやインドなどと比較してもシンガポールのキャッシュレス決済比率が高くなっていると言われています。

ただしシンガポールでは低所得者も多いので、銀行口座から直接取り引きのできるデビットカードを使っている人も多いと言われています。

公共交通機関で使用できる、ez-LINKやNETS FlashPayなどもありタクシーや一部飲食店でも使用できます。

キャッシュレス化が進んでいることもあり、少額でも使いやすいなどにほんよりも便利だと感じることもあるようです。

世界のキャッシュレス決済5. 「スウェーデン」

クレジットカード・デビットカード・スマホのモバイル決済などを含め、全国民の6割がキャッシュレス決済を使用していると言われています。

なかでも2012年に登場したスウィッシュは、スウェーデンの主要銀行6箇所が共同開発したことでも知られ、利用する側としてもやっぱり安心感がありますね。

また、スウェーデンでは現金お断りにしているお店も多いので、国民にとってもキャッシュレス決済が当たり前であり受け入れられているのです。

キャッシュレス決済は本当に進めるべき?

キャッシュレス化は、日本だけでなく世界でも進めている政策です、日本以外の先進国ではキャッシュレス決済が当たり前になりつつありますし、日本も近い未来キャッシュレス決済を使っていない人のほうが珍しくなるかもしれません。

キャッシュレス化することによってさまざまな作業の効率化にも繋がりますし、生産性を高めることにも繋がります。

現金で支払うとポイントが貯まりませんが、キャッシュレスならポイントも貯まるなど利用者にとっても嬉しいポイントがあります。

現金を持ち歩く心配もありませんし、キャッシュレス決済の良さも踏まえながら、広がっていけばいいのではないでしょうか。

おわりに

世界のキャッシュレス決済の比率と比較すると日本ではまだまだ割合こそ少ないものの、今後伸びていく可能性が高いといえるのではないでしょうか。

日本でもキャッシュレス決済が当たり前の時代が来るかもしれませんね。

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク