キャッシュレス決済をレジに導入! おすすめのサービス徹底比較

近年、キャッシュレス決済サービスが当たり前になってきましたよね。

コンビニなどでの導入は特に進んでいますし、個人で営んでいる飲食店や美容サロン、アパレルショップなどにおいてもどんどん導入されています。

国は2020年のオリンピックまでに20%程度の普及率を40%程度まであげたいとしています。海外ではキャッシュレス決済が当たり前になっていますので、日本はまだまだこれからという状況なのです。

これからキャッシュレス決済にが増えてくるに当たって、支払い方法の選択肢を増やしたいと考えている個人や企業は多いでしょう。

しかし・・・

・初期費用は?
・手数料は?
・導入はたいへん?
・どのサービスがいい?

と悩んでいる人も多いでしょう。

ここではこれからキャッシュレス決済サービスを導入する人にとって、どのサービスがおすすめなのか分かりやすく比較してみました。

ぜひじっくりとご覧になり、導入をすすめていただきたいと思います。

スポンサーリンク

キャッシュレス決済おすすめサービス4選を比較!どれが良いの?

キャッシュレス決済
おすすめサービス4選を比較!
どれが良いの?

人気のキャッシュレス決済サービスを4社調べて比較してみました。

どれも今なら初期費用は0円になりますし、決済手数料もオトクになることが分かりますね。

ではどのキャッシュレス決済サービスが自身の店舗や企業にマッチするでしょうか。詳しくサービスの特徴を見ていきましょう。

Square (スクエア)

おすすめ度
3.8

項目
内容
初期費用
7,980円
月額固定費用
なし
振込手数料
なし
クレジットカード対応
決済手数料
Visa、MasterCard、American Express、Diners Club、Discover:3.25%
JCB:3.95%
電子マネー対応
決済手数料
未定
スマホ対応
決済手数料
未定
入金日
即日入金
期間限定キャンペーン
期間限定で決済端末 (7,980円) と決済手数料 (3.25%〜) が無料!

Square (スクエア)は平常時には、決済端末の費用として7,980円が必要となりますが、今ならゼロ円で導入することができます。

また決済手数料 (3.25%〜) もゼロ円!

注目すべきキャンペーン情報

期間限定キャンペーンの内容
・決済端末 (7,980円) が無料!
・決済手数料 (3.25%〜) が無料!
・消費者には5%還元!

この2つのゼロ円はとても大きいですよね。つまりまったく初期費用なしにキャッシュレス決済システムを店舗や企業に導入することができるのです。

これは経済産業省が実施している「キャッシュレス・消費者還元事業」によるもの。登録されている事業者の場合、2019年10月1日より決済手数料が実質2.16%となり、さらに消費者にも5%が還元されるのです。

Square (スクエア)の特徴

Square (スクエア)の決済サービスを導入するには、

・アカウントの登録
・専用ICカードリーダーの購入(キャンペーンでゼロ円に!)
・ICカードリーダーとスマホをBluetooth接続する


なんと、この3つの手順だけでキャッシュレス決済を導入できるんです。

つまりお手持ちのスマホがキャッシュレス決済のレジ代わりになり、手間になる準備や初期費用などまったく必要ないのです。

そのため個人で営んでいるカフェや飲食店、美容院などにおいても、導入の妨げにはなりません。専用ICカードリーダーなんて小さなものですから、レジ回りに置いておいても邪魔になるようなものではないのです。

iPadがPOSレジに変身!?

カフェや飲食店の場合であれば、お手持ちのiPadと連携させてPOSレジとして活用することも可能になります。

このシステムもなんと無料で活用できるのですが、事前にiPadに専用アプリをダウンロードしておき、商品やサービスを登録しておくとPOSレジとして利用できるようになるのです。

商品の登録はアプリからできますので、とても簡単にスムーズにできます。

2019年10月に導入予定の消費税増税において、軽減税率8%が適用になるものと10%に増税されるものがありますが、商品やサービスによって税額を分けて登録することができますから安心です。


Coiney (コイニー)

おすすめ度
4.3

項目
内容
初期費用
19,800円
月額固定費用
なし
振込手数料
10万円未満:200円
10万円以上:0円
クレジットカード対応
決済手数料
Visa、MasterCard、SAIZONCARDInternational、American Express:3.24%
JCB、Diners Club、Discover:3.74%
電子マネー対応
決済手数料
Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん:3.24%
スマホ対応
決済手数料
WeChatPay:3.24%
入金日
月6回の手動入金(初期設定)、月1回の自動入金
期間限定キャンペーン
※期間限定で決済端末 (19,800円)が無料 !
※Visa、MasterCard、American Express、JCB、Diners Club、Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけんの決済手数料が実質2.16%に!

Coiney (コイニー)では現在「タダノリキャンペーン」として、決済端末費用である19,800円がゼロ円になるキャンペーンが開催されています。

正直Coiney (コイニー)は、この決済端末の価格がデメリットと言われたりしますから、これはとてもお得だといえますね。

注目すべきキャンペーン情報

期間限定キャンペーンの内容(2020年5月31日まで)
・決済端末 (19,800円) が無料!
・決済手数料 (3.25%〜) が2.16%に!
・消費者には5%還元!

特に中国人観光客ではおなじみの「WeChatPay」決済ができる端末ですから、観光地などで店舗を構えている店舗や企業であればオススメです。

また決済手数料 (3.25%〜) が2.16%になるのも見逃せません。お客様への5%還元も実施されます。経済産業省が実施している「キャッシュレス・消費者還元事業」によるものですね。

クレジットカード決済だけではなく、電子マネーカードやスマホ決済も利用することができますから、利用されるお客様が増えることを期待できるでしょう。お客様が増えればそれだけ決済手数料が必要になりますから、少しでも低くなるに越したことはありません。

Coiney (コイニー)の特徴

Coiney (コイニー)の決済サービスを導入するには、

・アカウントの登録
・決済端末の購入(今ならキャンペーンでゼロ円!)
・ICカードリーダーとスマホをBluetooth接続する


手順は上記の3つだけ!これだけでキャッシュレス決済を導入が完了します。

専用のアプリをダウンロードし、アカウント用メールアドレスをログインIDとして登録すれば、すぐにアカウントを作ることができます。

決済端末は手のひらサイズのもので、スマートフォンやタブレットとBluetooth接続するだけで利用することができます。 

経済産業省が実施している「キャッシュレス・消費者還元事業」は、個人の店舗や中小の企業が対象となっていますので、とてもお得に導入することができます。

「WeChatPay(微信支付)」決済が可能

「WeChatPay(微信支付)」というと、私たちには馴染みのない決済方法ですが、中国においては一番ダウンロードされているモバイル決済サービスなのです。

利用者数はなんと10億人以上いるとも言われていますから。普及率は60%を超えており世界の中でもトップレベルとなっています。

特に近年ではわが国に観光や仕事で来られる中国人が増えましたので、ビジネスマンが多い場所や観光地で店舗を構えているのであれば、この決済方法を導入するのは大きなチャンスとなるのは間違いありません。 

AirPAY(エアペイ)

おすすめ度
4.9

<圧倒的利用者数>
当サイトおすすめのキャッシュレス決済サービス!
AirPAY(エアペイ)

AirPAY(エアペイ)を特にオススメするポイントは、他社のようにカードリーダー(決済端末)がゼロ円になるというだけではなく、iPadまで無料で利用できるということです。

 iPadをカードリーダーを連結させるだけで、そのままキャッシュレス決済のレジとして利用することができるのです。

注目すべきキャンペーン情報

期間限定キャンペーンの内容
・カードリーダー、iPadが無料!
・決済手数料 (3.25%〜) が2.16%!
・消費者には5%還元!

もしもスマホやタブレットをお持ちでないという店舗や企業であれば、これは見逃せないキャンペーンではないでしょうか。

もちろん他社と同じように決済手数料 (3.25%〜) は2.16円となります。経済産業省が実施している「キャッシュレス・消費者還元事業」によって、消費者にも5%が還元されます。

AirPAY(エアペイ)では、クレジットカード決済だけでなく、電子マネーカード、さらにスマホ決済も中国では人気になっている「WeChatPay(微信支付)」「Alipay(支付宝)」、韓国での普及率が高い「LINEpay」の決済が導入されています。

観光地やビジネス街で店舗を構えているのであれば、かなり好印象を持たれるのではないでしょうか。

AirPAY(エアペイ)の特徴

AirPAY(エアペイ)の決済サービスを導入するには、

・アカウントの登録
・専用カードリーダーの購入(キャンペーンでゼロ円に!)
・ICカードリーダーとiPadをBluetooth接続する(iPadもゼロ円に!)

他社と同じように、この3つの手順だけでキャッシュレス決済の導入が完了です。

特筆すべきは、iPadの利用料までゼロ円となっていますから、店舗や企業側でスマホやタブレットを用意しておく必要がないということ。

つまり手続きが完了すれば、すぐにキャッシュレス決済が導入できるということなのです。しかも初期費用もまったく必要になりません。

そのため個人で営んでいる飲食店や美容院、パン屋さん、民泊などで導入が進んでいます。特に外国人の利用が多い宿泊施設の場合には、キャッシュレス決済の割合がどんどん増えているようです。お客様の単価があがったという店舗も多いんですよ!

iPadですべての支払いを管理!

AirPAY(エアペイ)の決済サービスは、専用アプリに必要な情報を入力するだけでPOSレジとして管理することができますから、経営分析がとても用意にできる優れモノです。

特にキャッシュレス決済を希望する外国人には富裕層のお客様が多く、キャッシュレス決済を導入することによってカード決済の割合がとても多くなることが分かります。

店舗によってはその割合が8割を超えているところもあると聞きます。さらにキャッシュレスならお金の心配がないから、購入点数が増えるために客単価もかなり上がります。

このような支払い管理をiPadによって行えば、どのような商品やサービスに力を入れていけばいいのか、経営分析も用意にできますね。


おてがるPay

おすすめ度
3.8

項目
内容
初期費用
0円
月額固定費用
なし
振込手数料
なし
クレジットカード対応
決済手数料
Visa、MasterCard、DC、三菱UFJニコス、UC:3.24%
JCB、American Express、Diners Club、UnionPay、Discover:3.74%
電子マネー対応
決済手数料
Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん:3.24%
iD、QuicPay:3.74%
スマホ対応
決済手数料
ApplePay、GooglePay:3.74%
入金日
毎月15日締め末日払い、毎月末日締め翌月15日払い
※1回払い・リボルビング払い・分割払い・ギフトカード払いの場合
期間限定キャンペーン
※期間限定で決済端末が無料 !
※2020年6月までの決済手数料が実質2.16%に!
※期間限定でプリンターが無料 !

『おてがるPay』は、JCBと三菱UFJニコス、UCカードの共同出資により設立されたキャッシュレス決済サービス。安定した企業に申し込みたいという人には人気のサービスです。

キャンペーン内容を見てみると、他社と同様に決済端末が無料となっているのはもちろんのこと、プリンターまで無料で提供となっていますから、レシートを発行する際にとても便利です。

注目すべきキャンペーン情報

期間限定キャンペーンの内容
・期間限定で決済端末が無料 !
・期間限定でプリンターが無料 !
・2020年6月までの決済手数料が実質2.16%に!

また決済手数料 (3.25%〜) も実質2.16円となります!経済産業省が実施している「キャッシュレス・消費者還元事業」によるものですね。

事業登録する場合においては、2019年10月1日より決済手数料が実質2.16%となります。また消費者に5%還元もされるので、利用機会はどんどん増えていくでしょう。

おてがるPayの特徴

・安心、安全!JCBと三菱UFJニコス、UCカードの共同出資で設立
・ICカードリーダーをiPhone、iPadにBluetooth接続するだけ
・利用可能なカードブランドが多い

おてがるPayの最大の特徴といえば、安心・安全ということ。

JCBと三菱UFJニコス、UCカードが共同出資で設立したという事実だけで、どんどん加入者数が増えているという現状がありますからね。

利用については、他者と同様にICカードリーダーをiPhone・iPadにBluetooth接続するだけですから、とても手軽で簡単。専用のアプリを活用できますから初めてでもすぐに感覚的に利用を始めることができるのです。

またこのおてがるPAYの特徴として、利用可能なカードブランドが多いことが挙げられます。世界で利用されているカードブランドの主要なものは集められていますので、支払方法については問題ないといえるでしょう。

中国で人気のクレジットカードブランド銀聯カード(UnionPay)に対応!

銀聯カード(UnionPay)は中国で最大のクレジットカードブランドで、日本に来る中国人観光客やビジネスマンの多くが所有しているカードです。

このカードの決済ができるのはとても重要なポイントです。

このカード、世界で発行された枚数は70億枚を超えているといわれています。中国人だけではなく世界に普及しているカードですから、中国人以外でも所有している人は多いでしょう。 

今回紹介しているキャッシュレス決済サービスのなかでも、銀聯カードについてはおてがるPAYだけが対応していますから、店舗や企業の状況によって検討すれば良いのではないでしょうか。

キャッシュレス決済おすすめサービスまとめ


項目
Square (スクエア)
Coiney (コイニー)
AirPAY (エアペイ)
おてがるPay
初期費用
7,980円

※期間限定で決済端末 (7,980円) と決済手数料 (3.25%〜) が無料!
19,800円

※期間限定で決済端末 (19,800円)が無料 !
0円
0円
月額固定費用
なし
なし
なし
なし
振込手数料
なし
10万円未満:200円
10万円以上:0円
なし
なし
クレジットカード対応
決済手数料
3.25%~3.95%

Visa、MasterCard、American Express、Diners Club、Discover、
JCB
3.24%~3.74%

Visa、MasterCard、SAIZONCARDInternational、American Express、
JCB、Diners Club、Discover
3.24%~3.74%

Visa、MasterCard、American Express、JCB、Diners Club、Discover
3.24%~3.74%

Visa、MasterCard、DC、三菱UFJニコス、UC、JCB、American Express、Diners Club、UnionPay、Discover
電子マネー対応
決済手数料
未定
3.24%

Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん
3.24%~3.74%

Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん、iD、QuicPay
3.24%~3.74%

Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん、iD、QuicPay

当サイトがおすすめするサービスをランキングするとこのようになります。

1位 AirPAY(エアペイ)
2位 Square(スクエア)
3位 Coiney(コイニー)
4位 おてがるPay

お店にキャッシュレス決済を導入するなら文句なしのAirPAY(エアペイ)。

もちろん、そのほかのキャッシュレス決済サービスも十分のサービスとサポートとなっています。

AirPAY(エアペイ)の場合はリクルートが運営していることもあり、次々と新たなサービスに適応しています。そして、キャッシュレス決済に重要なQRコード決済の対応数の多さや活発的に新しい施策やサービスの追加をしている印象を受けます。

これといった特殊なこだわりがなければ、AirPAY(エアペイ)一択ではないでしょうか。

小規模店舗で「QRコード決済」だけを導入したい方におすすめのサービス~「PayPay (ペイペイ)」

今なにかと話題の「PayPay (ペイペイ)」をご紹介します。

キャッシュレス決済においては100億円キャンペーンで話題となり、知らない人はいないでしょう。

導入店舗や企業が増えているのはもちろんのこと、今なら最大1万円もらえるというキャンペーンも実施されています。

PayPay (ペイペイ)

話題となっているPayPay (ペイペイ)は、キャンペーンもやはり派手だなと感じますね。

新規申込みをして、審査可決日から35日以内に決済が10人以上なら10,000円がもらえます。

注目すべきキャンペーン情報
  • 新規申込み+決済で最大10,000円もらえる
  • 2021年9月30日まで決済システム利用料無料
  • 振込み手数料はジャパンネット銀行なら永年無料、その他銀行は2020年9月30日まで無料

PayPay (ペイペイ)は100億円キャンペーンで登録者数はかなり増えました。登録するだけで500円もらえましたから、未だにこの500円を活用せずにいる人も多いのではないでしょうか。

その500円を狙えば、決済10人も不可能ではありませんよね。

ほかにも経済産業省が実施しているキャッシュレス事業社に登録されましたから、「キャッシュレス・消費者還元事業」として優遇を受けることも可能です。

今ならキャンペーンで決済システム利用料が無料。さらに消費者にも5%が還元されます。

また決済端末も今ならゼロ円で導入することができますので、まったく負担なくキャッシュレス決済を導入することができます。

PayPay (ペイペイ)の特徴

・お客様は店舗や企業のQRコードを読み取って金額を入力するだけ
・店舗や企業はシステムを導入するだけ
・PayPay for Business(加盟店売上管理ツール)で売上管理も可能

PayPay (ペイペイ)は、

  • 店舗に提示してあるQRコードをユーザーが読み取る「ユーザースキャン方式」
  • ユーザーがQRコードを店舗側に提示して、店舗がQRコードを読み取る「ストアスキャン方式」

の2種類の決済方法が用意されています。

ただし手数料無料などのキャンペーンの条件の場合には、「ユーザースキャン方式」が必須となります。

この方式であれば、店舗や企業はシステムだけで特に準備が必要になりませんから、すぐにキャッシュレス決済が導入できるのです。

またPayPay for Business(加盟店売上管理ツール)で売上管理も可能となっており、IPhoneやiPadを用意しておけばすぐに売上管理ができるようになります。

中国で人気のAlipay(アリペイ)も使える!

PayPay (ペイペイ)は、中国で8億ダウンロードを記録した「Alipay(アリペイ)」決済も可能となっています。

中国人観光客やビジネスマンにはとても喜ばれる決済方法です。

PayPay(ペイペイ)は日本国内でも普及率が高くなっていますが、多く日本に訪れる中国人にも対応できるようになっているといえるでしょう。


キャッシュレス決済の導入をおすすめする店舗や企業は?

このような店舗や企業などに導入をおすすめします!

おすすめな店舗
  • 飲食店や美容サロン、アパレルなどの小売店様
  • 外国人観光客やビジネスマンが多い観光地やビジネス街の店舗や企業
  • イベントなどでの一時的な決済のため
  • 手軽に持ち運べるため、移動販売でも活躍

個人の店舗の場合では、今までなかなかキャッシュレス決済システムを導入することはできませんでした。

でも多様な支払い方法が当たり前となった今では、商売を行っている経営者であれば、法人や個人事業主問わず、導入を進めた方がいいでしょう。恐らくこれからどんどん普及するものですから、利用は増えてくるのは間違いありません。

支払い方法に選択肢が増えることで、今まで利用しなかったお客様を引き寄せることができますし、地域においてはライバル店との差別化にも繋がります。

特に対面にて決済が発生する場面であれば、どんなユーザー様にも喜ばれるはずですから。

おわりに

キャッシュレス決済を導入におすすめの端末を徹底比較してみました。

どのサービスもこのように比較してみれば、特徴的な部分が見えてきますね。

結論としておすすめは、圧倒的導入数を誇る「AirPAY(エアペイ)」が文句ないでしょう!

  • 飲食店や美容サロン、アパレルなどの小売店様
  • 外国人観光客やビジネスマンが多い観光地やビジネス街の店舗や企業
  • イベントなどでの一時的な決済のため
  • 手軽に持ち運べるため、移動販売でも活躍

ぜひこのような店舗や企業などに導入をおすすめします!

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク