キャッシュレス決済を補助金で 導入して費用ゼロで 売上・集客を最大化へ!

ここ数年にしてあらゆる〇〇Payが乱立して世間を騒がせていますが、あと数年でもしかすると現金を利用するのは珍しい光景にもなるかもしれません。

それに伴い、お店側にキャッシュレス決済を導入することが必要不可欠になってきています。

2019年以降は、今後の展望も踏まえてキャッシュレス決済を導入するもっとも良いタイミングです。

そして、キャッシュレス化で気になることといえば、消費者還元事業の補助金のことではないでしょうか。

そこで今回は消費者還元事業と補助金に関する疑問について解説していきます。

スポンサーリンク

キャッシュレス・消費者還元事業のとは何?

キャッシュレス・消費者還元事業とは国が推し進める事業で設立されました。

2019年10月から消費税が10%に引き上げられるタイミングでお店で買い物をしキャッシュレス決済を行った消費者に国から最大で5%のポイント還元するという試みです。

事業者にとっても消費者還元事業はメリットがあります。

それはキャッシュレス決済端末の導入費用を国と決済事業者が負担してくれるので、お店や店舗事業者は一切、費用がかからないのです。

国が補助金を出す目的

そもそもの目的は、世界的にみても日本は先進国でありながらキャッシュレス化が遅れていることです。そして、キャッシュレス決済を普及させることで経済的にも大きなメリットがあります。その一つが現金の管理コストを抑えることが可能になるのです。

現金を管理や運用をするコストは年間で約1兆円ほどのコストがかかっております。

そのコストを抑え経済的にも無駄を省くことも必要なのと、利用者の利便性の向上などの目的もあります。

一方で、来年にはオリンピックが開催されるので外国人利用者なども増加が考えられることもあり、お店や事業者は急ピッチにキャッシュレス決済の準備が必要なのです。

消費者還元事業はいつまでの期間なの?

消費者還元の期間は

 2019年10月から2019年6月まで

の9ヶ月間になります。

その期間に限り、消費者に対して「ポイント還元」「その他割引」など国の負担で補助することになります。

お店や事業者がキャッシュレス決済導入するメリットは?

では、お店のオーナーの方が気になるメリットはどんなことがあるのでしょうか。

お店にキャッシュレス決済を導入するメリットは次の3つです。

・導入費用ゼロ
・売上・集客力アップ
・レジの管理・作業を省き効率化

それではそれぞれのメリットを見ていきましょう。

導入費用ゼロ

今後必ず必要になるキャッスレス決済端末をこの施策を活用して導入することで、実際であれば数万円する費用が発生することなく設置することができるのです。

費用負担の内訳は、国が2/3、決済事業者が1/3、の補助金が出るためこの消費者還元事業の期間に導入することが最大のメリットなのです。

補助金提供の対象となるもの

・キャッシュレス決済端末
・システム利用料・設置費用
・決済端末に必要な機器
・スマホ・タブレット端末

売上・集客力アップ

キャッシュレス決済導入しているかどうかで利用者が気楽にお店を利用できることや、ポイント還元があるためにお店に買い物に行こうなどと利用が増える為、売上アップに繋がります。

ポイント還元があることで消費者の間で話題になり、集客力もアップすることも大いに期待できるのです。

お店にとって売上はまず無視できないことであり、ボランティアでやっていない限り売上なくては成立しません。

売上を上げるにはお客さんがが必要になります。利用者(消費者)キャッシュレス化の波は近年では見られないほどの利用率で普及しています。

電子マネーが出てきた頃は、

「利用の仕方がわからない」
「なくしたら損する」
「使いすぎてしまう」

などの問題点などが普及の足かせとなってました。

ところが、キャッシュレス決済アプリなどの利便性向上や家計簿アプリの同期・連携などで電子マネーでもお金の管理しやすくなってきたのも事実です。

そのため、現金でお会計するなどのことやATMでの引き出しが不要となるキャッシュレス決済のアプリは一般的に抵抗のないツールとなっているのです。

さらに、消費者はお店側に求めることも以前にも増して強まることが自然な流れです。

顧客の要望

・ポイント還元はあるか
・キャッシュレス決済できるか
・クレジットカードで決済したい

上記の様に、これから顧客にリピートしてお店を利用してもらうには、キャッシュレス化することは避けて通ることができません。

レジの管理が楽になり効率的

キャッシュレス決済を導入することでレジ業務・管理などにかける労力を削減し、働いている従業員にもお店のオーナーにも大きなメリットがあります。

今までレジに業務に掛けていた時間が減り、その他にやるべき業務に当たることが可能にります。

その結果、以下のことが可能になります。

・お客さんに対応することができる
・残業の時間が減り、人件費の削減につながる
・やるべき業務に時間を注げることができる
・売上のデータ自動で残る
・釣り銭を用意することが不要になる
・従業員の会計ミスを減らせる

上記に関してのストレスは小さいとはいえ、毎日の積み重ねによって大きな負担となっていることも気づかないことが多いです。

消費者のメリット

消費者側にもメリットはありいくつか紹介します。

ポイントが貯まる

やはり、消費者はポイント還元という言葉には弱くお得にお店を利用することができるため、貯めたポイントを他のショッピングなどに使って生活の出費を下げることが可能になります。

<ポイント利用先>

楽天ペイ・・・楽天市場、様々な楽天サービスに使える

LINE Pay・・・LINE STORE、スタンプ、他のポイントサービスへ交換が可能

d払い・・・月々の携帯の支払い、ローソンでの会計

PayPayペイペイ・・・Yahoo!のサービスへの利用、加盟店の利用

メルカリ(メルペイ)・・・メルカリの購入代金への利用

昨今のデジタル社会においては、ポイントが貯まっても他のサービスの利用が多種多様にできるので、稼いだポイントを生活費の一部に当てるなどで工夫している人が多くいるのです。

ATMに行く必要がなくなる

ATMの手数料は気にしている人ですか?しない人ですか?自分のお金にもかかわらず引き出すだけで手数料を取られてしまうのは変ですよね。ATM手数料の年間平均は約3,000円と言われています。おそらくもっと支払っている人も多いのではないでしょうか。

一方で、スマホ決済のであればATM手数料などの心配をする必要がありません。LINEPayやメルペイ、PayPay(ペイペイ)など自分の銀行口座を登録すれば、アプリひとつで簡単にチャージできるのです。

お会計がスムーズ

従業員がお会計にかける時間や、お客さんがレジに並ぶ時間も短縮できます。

クレジットカードは多少の手間はありますが、電子マネーやQUICPay、iD、QRコード決済、などのスマホ決済を利用すれば数秒でお会計が済みます。

現金での取引があることによって、お店は大きな機会損失をしている可能性があります。

キャッシュレス決済を導入しない経営が難しい時代に

中国では現金お断りのお店が増えていて、日本にも最近、現金お断りのお店が登場しました。これから必然的にこの流れが押し寄せてくるでしょう。

そうなってくると、キャッシュレス時代に「現金のみのお店」は消費者に毛嫌いされること間違いありません。

あなたのお店を選んでもらったり、顧客にリピートしてもらう為にはお店のキャッシュレス化は非常に重要なことです。

今後は利用者第一で経営していくことはいわずもがなですが、消費者と事業者の双方にメリットがあるキャッシュレス決済をお店に導入することは、決済の新しい時代に布石を打つことになるでしょう。

補助金制度の申請手順

契約したい決済事業者を選択

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク