決定版キャッシュレス決済の種類の〇〇Pay一覧と比較!Pay全種類

2019年頃からキャッシュレス決済の種類が爆発的に増えてしまっており、私たち消費者は一体どのキャッシュレスを利用するのがベストなのでしょうか。

また事業者やお店のオーナー様にとってどれがおすすめなのかも紹介します。

そこで今回は2019年現在で把握できるキャッシュレス決済の種類を一覧にして比較して見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

目次

そもそもキャッシュレス決済とは何?簡単に分類してみた

キャッシュレス決済とはその名の通り、「現金を不要とする決済方法」のことを言います。

現在の日本ではまだまだ現金は必要ですがキャッシュレス決済を取り入れることで、「銀行で現金を引き出す手数料を抑えれる」「お会計時の時間短縮」「現金とは違いポイントが付きお得」などといった様々なメリットがあります。

キャッシュレス決済の種類を分類すると以下になります。

・クレジットカード
・デビットカード
・プリペイドカード
・電子マネー
・QRコード決済
・後払いサービス

決済方式は3つの種類がある?

前払い

プリペイドカードなどがこれに当たります。事前に、カードなどにお金をチャージしておくことでチャージ金額内での買い物ができる仕組みです。

即時支払い

デビットカードやゆうちょPayなどもこの即時支払いになります。

銀行口座に紐付いているため、ネットやお店の商品を購入した瞬間に引き落としされ決済が完了します。

後払い

後払いはクレジットカードや後払いサービスなどが当てはまります。ネットや実店舗でも後払いが可能です。商品購入後、翌月末に銀行口座からの引き落としやコンビニ等で支払いをする方法です。

後払いは近年増えており、ZOZOTOWNをはじめとするネットショップでの活用が盛んです。

後払いサービスはたくさんの種類があり、特に「バンドルカード 」や「メルペイあと払い」の利用が増えています。

キャッシュレス決済の種類多すぎるので一覧表まとめました(〇〇Pay)


ヨドPay
メルペイ
ゆうちょPay
はまPay
Coke ON Pay
QUOカードPay
Apple Pay
J-Coin Pay
PayPay
Amazon Pay
au PAY
AimePay
EPOS Pay
LINE Pay
AirPAY
CooPay
SKIYAKI PAY
WeChat Pay
銀行Pay
YOKA!Pay
Origami Pay
OKI Pay
ファミPay
pixiv Pay
PayID
&Pay
Smash Pay
Alipay
Google Pay
よかPay
NETS Pay
QUICPay
楽天Pay
Uペイ
おてがるPay
UNIQLO Pay
カカオペイ
7Pay(終了)
StarPay
Bank Pay
食べログPay
Naver Pay

当サイトの調査によると、驚きの数字

42種類

の〇〇Payが存在しました(多すぎ。。)※2019年8月調査


さらに、「銀行Pay」と「Bank Pay」は別ものみたいです。
これでは利用者は困惑しても仕方ありませんよね。

Payと名のつかないキャッシュレス決済・スマホ決済もあることをお忘れなく。

d払い pring(プリン) iD 楽天Edy nanaco Suica WAON バンドルカード  Kyash   etc...


種類・系統ごとに簡単に分類

銀行系

・J-Coin Pay
・ゆうちょPay
・銀行ペイ

・はまPay
・Bank Pay

ネットショップ・信販系

・楽天Pay
・Amazon Pay
・Alipay

通信キャリア

・PayPay
・au PAY
・楽天ペイ

・d払い

流通系

・ヨドPay
・メルペイ
・EPOS Pay
・UNIQLO Pay

トークアプリ系

・LINE Pay
・カカオペイ
・WeChat Pay

コンビニ系

・ファミペイ、
・7Pay(終了)
・ローソンスマホレジ

決済事業系

・AirPAY
・おてがるPay
・StarPay

実店舗で利用できるものや、オンラインのみであったりさらに私たちを混乱させます。

スマホで人気の「iPhone」は日本での利用者は世界的に見ても多い傾向にあります。そのiPhoneで利用できる「Apple Pay」は、クレジットカードや電子マネーをウェレットというアプリに追加する名称にすぎません。そのため「レジでApple Payで!」と言うのは間違いで、「iD」「QUICPay」もしくは、「Suica」など登録したカードで言い分ける必要があるのです。

面倒である一方で、これらのキャッシュレス決済を使い分けをして利用することでポイントを貯めることや現金を銀行から引き出す必要もなく手間がかからないなどのメリットも多くあるのも事実。

スマホ決済を賢く使う方法『ポイント二重取り』

例えば、楽天ペイと楽天カードを連携して利用することでポイントの二重取りができ、

「楽天カード:還元率1%(通常)」
「楽天ペイ:0.5%(通常)」


合計1.5%のポイント還元率のため、クレジットカード単体で利用するよりもお得になります。

さらに、2019年10月からは消費税率10%引き上げに伴い、期間中にキャッシュレス決済で対象のお店でお会計すると「2%・5%」のポイント還元が行われるためさらなるキャッシュレス化が進むことが期待されています。

キャッシュレス決済の種類一覧【ジャンル別】とおすすめはどれ?

クレジットカード

国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • 銀聯(ぎんれん)
  • ディスカバー

国際ブランドとは決済のネットワークブランドであり、上記のいずれかのブランドが手持ちのカードとお店側に表記があった場合のみ世界中どこでもお支払いが可能となる仕組みでありブランドのこと。

※クレジットカードの種類は多すぎるので省略

クレジットカードのメリット

・ポイントがたまる
・後払いのため今お金がなくても買い物ができる
・分割払いやリボ払いが利用できる
・海外でも利用できる

クレジットカードのデメリット

・使い過ぎてしまう
・滞納すると個人の信用が下がり様々な審査が厳しくなる
・不正利用に遭う可能性がある

こんな人におすすめ!

・ポイントを貯めたい人
・大きな買い物を分割して支払いしたい人
・海外旅行によく行く人
・現金を持ちたくない人
・スマホ決済と連携してキャッシュレス化したい人

高還元率クレジットカードのおすすめを紹介

・楽天カード
・JCB CARD W
・リクルートカード
・dカード
・JCBカード
・オリコカード

プリペイドカード【種類一覧】(運営企業)


名称
運営企業
三井住友VISAプリペイドカード
三井住友
ANA VISAプリペイドカード
ANA
旅プリカ
JTB
バンドルカード
Kanmu
LINE Payカード
LINE
Google Playカード
Google
LINEプリペイドカード
LINE
楽天銀行プリペイドカード
楽天
Vプリカ
ライフカード
オリコプリペイドカード
オリコ
dカードプリペイド
NTTドコモ
au WALLETプリペイドカード
au
おさいふPonta
ローソン
App Store&iTunesギフトカード
Apple
ニンテンドープリペイドカード
任天堂
WebMoney Card
ウェブマネー
ソフトバンクプリペイドカード
ソフトバンク
クオカード
クオカード
GREEプリペイドカード
GREE
ココカラクラブカード
ココカラファイン
パルコプリカ
PARCO
Kyash
Kyash
Amebaプリペイドカード
サイバーエージェント
DMM.comプリペイドカード
DMM.com

プリペイドカードのメリット

・入会審査なく未成年でも利用可能
・チャージした分だけの利用なので使い過ぎ防止になる
・不正利用リスクが少ない
・海外でも使えるものもある

プリペイドカードのデメリット

・チャージが面倒
・払い戻しができない場合が多い

こんな人におすすめ

・クレジットカードが作れないけどポイントを貯めたい人
・未成年や不正利用が不安な人
・クレジットカードだと使いすぎると言う人

おすすめのプリペイドカード

おすすめはバンドルカードです!通常のプリエペイドカードだと自分の現金等をなければチャージすることができないため、給料日前や出費が多い月などは困ってしまいますよね。しかし、バンドルカードであれば、「ポチッとチャージ」というチャージが可能で、最大5万円まで今お金がなくても即時チャージができるのです。支払いは翌月末の支払いになります。

Kyashは2%の高還元率となっています。ポイントを重視したいのであればKyashがおすすめ。

電子マネー【種類一覧】(運営企業)


名称
運営企業
楽天Edy
楽天
WAON
AEON
iD
NTTドコモ
nanaco
セブン&アイ・ホールディングス
QUICPay
JCB
au WALLET
au
ユニコ
アピタ・ピアゴ
majica
PPIH株式会社 ドン.キホーテ
CoGCa
CGCグループ
LaCuCa
ライフコーポレーション

交通系電子マネー【種類一覧】(発行元)


名称
発行元
Suica
JR東日本
PASMO
株式会社パスモ
Kitaca
JR北海道
TOICA
JR東海
manaca
名古屋市交通局・名鉄
ICOCA
JR西日本
PiTaPa
スルッとKANSAI
SUGOCA
JR九州
nimoca
西日本鉄道
はやかけん
福岡市交通局

交通系電子マネーのメリット

・切符券売機に並ぶ必要がない
・定期券利用ができる
・電車やバス以外にも利用可能場所が多い
・一部のエリアで割引サービスがある

交通系電子マネーのデメリット

・切符で買う割引が受けれない(回数券等)
・まれに切符より高くつく区間がある

こんな人におすすめ

・電車やバスを頻繁に乗る人
・学生やサラリーマン

おすすめの交通系電子マネー

Suicaをおすすめしています。iPhoneを使っているのであれば、Apple PayにSuicaを新規またはログインすることで今まで利用していた交通系電子マネーは必要なくなります。

Androidであれば、「Suicaアプリ」「Google Pay」「おサイフケータイアプリ」でSuicaを利用することが可能です。

関西圏であれば、「PiTaPa」もおすすめ!交通系電子マネー中では、唯一の後払い方式。

QRコード決済【種類一覧】(運営企業)


名称
運営企業
LINE Pay
LINE
d払い
ドコモ
au PAY
au
メルペイ
メルカリ
PayPay
ソフトバンク・Yahoo! JAPAN
Origami Pay
Origami
楽天ペイ
楽天
pring
pring
Alipay
アリババ
Pay ID
BASE
pixiv PAY
ピクシブ
Smash Pay
ラッセル
Amazon Pay
Amazon
WeChat Pay
WeChat
EPOS Pay
エポスカード
&Pay
エムティーアイ
atone
ネットプロテクションズホールディングズ
QUOカードPay
QUOカード
J-Coin Pay
みずほ銀行
銀行Pay
GMOペイメントゲートウェイ
7Pay
セブン&アイ・ホールディングス※終了
ファミペイ
ユニー・ファミリーマートホールディングス
ヨドペイ
ヨドバシカメラ
UNIQLO Pay
ユニクロ
Bank Pay
日本電子決済推進機構

QRコード決済のメリット

・ポイント還元率が高い
・アプリで送金可能
・割り勘機能があるものも(LINE Pay)
・アプリの特徴を活かしたサービスを受けれる

QRコード決済のデメリット

・アプリを開いてQRコードを見せるのが面倒
・スマホを利用する必要がある
・スマホのバッテリーがないと使えない

おすすめのQRコード決済

・LINE Pay(ラインペイ)
・楽天ペイ
・PayPay(ペイペイ)
・メルペイ

LINE Pay(ラインペイ)は利用者も多く、家族・友人間の送金がラクに済むことや、LINEのサービスに連携して利用することでポイントを貯めることができます。

楽天ペイの利点は「楽天市場」など楽天のサービスを多く利用する人は非常におすすめ!楽天カードと紐付けることでポイント二重取りが可能です。

PayPay(ペイペイ)は新しいポイント還元など以前に「100億円あげちゃうキャンペーン」など話題になったことや他のキャッシュレス決済サービスより一手早く驚くようなキャンペーンを打ち出してくる印象。その際に、しっかり参加できるように日頃から利用するのも大いにありです。またYahoo!カードを持っているのであれば連携して利用するとなお良し。

メルペイの最大の特徴は「あと払いサービス」があるということです。ネットでの後払いサービスが最近増えている中、メルペイは「iD」支払いが可能なお店であれば実店舗での後払い決済が可能なのです。

後払いサービス【種類一覧】(運営企業)


名称
運営企業
メルカリあと払い
メルカリ
後払いドットコム
キャッチボール
NP後払い
ネットプロテクションズホールディングス
Paidy
エクスチェンジコーポレーション
atone
ネットプロテクションズホールディングス
GMO後払い
GMOペイメントサービス
アトディーネ
ジャックス・ペイメント・ソリューションズ
クロネコ代金後払いサービス
ヤマトクレジットファイナンス
バンドルカード 
Kanmu
ミライバライ
ライフカード

後払いサービスのメリット

・審査が通れば未成年でも後払い可能
・給料前で金欠でも購入できる

後払いサービスのデメリット

・支払い期限が翌月末なので支払いを忘れてしまう
・コンビニ払いは現金で支払う必要がある

おすすめの後払いサービス

・メルペイあと払い
・バンドルカード 
・Paidy(ペイディー)⬅︎分割支払いが可能!

お店・店舗のオーナー様向けのキャッシュレス決済

さいごに

〇〇Payが乱立しているためどれを使っていいかわからない人はまずお得に利用することを基準にして考える必要があります。

楽天のサービスをよく利用するのであれば「楽天ペイ」などといった様に、1つのサービスに集中特化するのもおすすめです。

様々なPayが増えても使うサービスは2つあるいは3つぐらいにすることで、ポイントがたまるスピードも加速するでしょう。

財布の中にポイントカードが増えすぎるのと同じように、決済アプリも取りすぎてポイントが分散してしまわないように注意しましょう!

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク