キャッシュレス決済ランニングコスト導入費用初期費用どれくらいかかる?

キャッシュレス化が本格する中、お店のキャッシュレス決済導入がまだ済んでない事業者様は多いのではないでしょうか。

その際に気になる点として、「導入する費用はどれくらいかかるのか?」についてかと思います。

今回は「導入費用」と「運営していく上でのランニングコスト」についてとおすすめのキャッシュレス決済サービスをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

キャッシュレス決済を導入するにはいくら必要?導入費用について

基本的にお店・店舗のキャッシュレス決済の導入であれば、初期費用はほぼ無料です。

国と決済サービス事業者が導入費用を補助する政策が行われていて、その政策である「キャッシュレス・消費者還元事業」を活用して決済端末導入費を無料にすることができます。

導入費用が無料とわかったところで、続いては運営していくランニングコストについて見ていきましょう。

導入した後のランニングコストはどれくらい?

キャッシュレス決済にも種類があり、立てて置く「プリントQR」と「カード・電子マネー決済端末」の2つあります。

そして、ランニングコストについては以下の項目になります。

プリントQR

・決済手数料(※期間中は無料が多いです。)


プリントQRコード決済の場合は導入する手間が最小限にすることができる反面デメリットもあるのです。

カード・電子マネー決済端末

・決済手数料
・ネット回線代


カードや電子マネー、またQRコード決済にもたいおうしていることで多くのキャッシュレス決済に対応することが大きなメリットです。

詳しくサービスごとに順番に紹介していきますので見ていきましょう!

QRコード決済サービスそれぞれの初期費用

PayPay(ペイペイ)

導入費用無料
決済手数料無料
振込ジャパンネット銀行:翌日 その他金融金:最短翌々営業日
対応端末iOS・Android
運営企業PayPay株式会社(ソフトバンク・Yahoo! JAPAN)

ソフトバンクとYahoo! JAPANが運営するPayPay(ペイペイ)はCMでもお馴染みでもはや知らない人の方が少ないくらいの認知度になってきています。

PayPayであれば、初期費用・決済手数料・入金手数料が全て0円で導入することができます。

また、Alipay(アリペイ)にも連携しており、同じPayPay(ペイペイ)のQRコードを読み取ることで決済が可能です。Alipay(アリペイ)は中国で普及しているQRコード決済サービスで多くの中国人観光客が訪れる日本ではお店にとってとても強みとなります。

振込のタイミングは「ジャパンネット銀行」であれば、翌日入金です。それ以外となると最短で翌々営業日になります。

LINE Pay(ラインペイ)

導入費用無料
決済手数料無料(期間中のみ)
振込無料(※1規定あり)
対応端末iOS・Android
運営企業LINE株式会社

ユーザー数はどのサービスよりも多いのは間違いないLINEの決済サービス「LINE Pay(ラインペイ)」は、すでに友達追加していれば割り勘など送金が簡単に利用することができます。そのため、利用者が今後はさらに増える見込みがあり、店舗のお得な情報もLINE@などで配信することができるのでリピート客を獲得に繋がります。

韓国No.1(*1)モバイル決済サービス 「NAVER Pay」にも対応!

※1 入金申請を行うごとに、240円の手数料がかかります。LINE Payでは当月末締めの翌月末払いで入金申請せず振込を来月の末まで待てば無料ということになります。

Origami Pay(オリガミペイ)

導入費用無料
決済手数料0〜3.25%
振込無料
対応端末iOS・Android
運営企業株式会社Origami

「株式会社Origami」が運営するスマホ決済サービスです。2016年にリリースしたこともあり、QRコード決済の先駆者とも言えます。国内では150万箇所以上、海外では1000万箇所の規模で今もなお拡大し続けています。

現在の手数料は加盟店ごとに異なっており、0〜3.25%となっています。

置き型「プリントQR」かつQRコード決済のみの申し込みはおすすめじゃない!?

こうして紹介してきましたが、QRコード決済を単体で申し込むのはあまりオススメしません。

なぜなら消費者はお店側に求めることは、決済手段が豊富なことです。

例えばPayPayだけを導入したとしても、消費者からは「あのお店はPayPayしかない」と印象付けられてしまうことになります。そうすると、お客様を逃してしまい本末転倒です。

そこで紹介したいのがマルチ決済サービス端末です。

カード決済・スマホ決済対応の決済サービス

AirPAY(エアペイ)

導入費用無料
決済手数料2.16
(期間終了後:3.24〜3.74%)
振込無料
対応端末iOS
運営企業株式会社リクルート
AirPAY(エアペイ)の特徴
  • 導入・運用費用が無料
  • 振込手数料0円
  • 決済手数料も業界最安水準
  • お店を一気にキャッシュレス化できる
  • 導入店舗数 No. 1!

AirPAY(エアペイ)は1台導入するだけで、「クレジットカード」「電子マネー」「QRコード決済」ほとんどに対応することができます。AirPAYは中国でシェアを独占している「Alipay(アリペイ)」「WeChat Pay」のQRコード決済にも対応しているのでインバウンド需要にも対応可能です。

楽天Pay

導入費用無料
決済手数料3.24〜3.74
振込無料(楽天銀行のみ)
対応端末iOS・Android
運営企業楽天株式会社
楽天ペイの特徴
  • 楽天銀行で指定すれば売上金が翌日自動入金
  • 楽天サービス利用者が多い

楽天クレジットカードと連携して楽天ペイを利用することでポイントの二重取りが可能で、楽天のサービスを利用する方にとっては中々にお得です。

楽天ペイは振込先を「楽天銀行」にすると土日祝日問わず翌日に振込が可能かつ振込手数料無料な点が大きなメリットです。その他の銀行であれば「210円」手数料がかかります。

Square(スクエア)

導入費用無料
決済手数料3.25~3.95% (期間中2.16%)
振込最短翌日振込
対応端末iOS・Android
運営企業Square株式会社
Square(スクエア)の特徴
  • 売上翌日入金
  • 最短翌日導入が可能
  • 端末がコンパクトでおしゃれ

Square(スクエア)はTwitter社のCEOのジャック・ドーシーが開発しました。

Squareの最大の特徴としては、スマホ・タブレットに接続するだけでカード決済が可能になると言うことです。

本体はとてもコンパクトな作りでお店の雰囲気を崩さず導入したい店舗オーナー様に人気のキャッシュレス決済サービスです。

三井住友ファイナンシャルグループと提携して日本に進出してきたこともあり、最先端の技術を駆使した端末でありながら三井住友という大手企業との連携で安心して利用することができます。

お店のキャッシュレス化するならクレジットカード・スマホ決済一体型おすすめ!

今おすすめしていることはPOSレジの見直し・新規導入です。そして、一体型のキャッシュレス決済端末の導入です。

POSレジとは、1日の売り上げのデータを分析・管理することが可能で、経理・会計担当者の人件費削減や事業者様ご自身での売り上げの管理を簡略化して行うことができます。

POSレジなどはネット環境が必要となります。これをマルチ決済サービスと言います。

主に、「クレジットカード」「電子マネー」「QRコード決済」など複数に対応しているため、マルチ決済サービス端末を導入することで一気にお店のキャッシュレス化が可能となります。

導入費用・初期費用まとめ

・導入費用は0円で導入することができる
・AirPAY(エアペイ)が導入するにはおすすめ


運営コストは手数料がかかりますが、今後のキャッシュレス普及を考えると避けて通ることができないのは間違いありません。お店の売上、リピート客獲得にはキャッシュレス決済の導入が必要不可欠なのです。

ご自身の店舗にあったキャッシュレス決済サービスを選びましょう。

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク