dカードの家族カードで落ちたりする?審査基準などについて

dカードを作るときに本カードと一緒に家族カードに申し込みをする人もいますよね。カードの名義人だけでなく家族カードを持っている人もお得に買い物ができ、ポイントを貯めることもできます。

クレジットカードを作りたくても専業主婦で仕事をしていない、学生で無職など審査が通らないときにも、家族カードはとても便利です。

ですが家族カードの場合、本カードにあるような審査が行われるのでしょうか?家族カードを希望していても審査に落ちてしまうことがあるのか気になります。そんなあなたに家族カードの審査基準について調べてみました。

これから本カードと一緒に家族カードを申し込みしようと思っている人は、まずはこの記事を読んでから手続きを進めるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

dカードの家族カードとは?

クレジットカードの本会員が利用しているカードの追加として申し込める家族専用のカードです。家族それぞれクレジットカードを作ってしまうとなかには作れない場合もあったり、使いすぎてしまわないかお金の管理をするのも大変です。

年会費のかかるカードの場合は、家族カードになるとかからなくなりますので節約にもなりますね。それでいてそれぞれが買い物をしたときのポイントの合算もできますので、別々に使っているよりもお得にポイントを貯めることもできます。

何かとメリットが多いカードでもあるので、dカードでも本カードと一緒に家族カードを申し込む人が増えています。またdカードの場合は2枚まで家族カードを作ることができ、1枚目は無料、2枚目から1000円の年会費がかかります

本カード同様にさまざまな優遇サービスを受けることもできますし、紛失・盗難・修理不能などのドコモユーザならではのトラブルも補償してくれます。

dカードの家族カードの審査基準は?

dカードの家族カードは誰でも申し込みができるわけではありません。

まずは具体的な入会条件に付いて説明します。

入会条件

  1. dカードおよびdカードゴールドの会員と生計を共にする満18歳以上(高校生は除く)の配偶者もしくはお子様、ご両親
  2. ドコモが定める条件を満たしていること

とされています。家族カードの名前にもあるように家族と認められない人の名義による、家族カードの作成は認められませんので注意してくださいね。

また高校生は家族カードであっても作れませんので、審査以前の問題となってしまいます。

dカードの家族カードにはどんな審査基準があるのか気になりますよね。家族カードは本カードの分身ともいえるカードになります。そのため本会員の収入や職業などに対して信用を基に作られるものです。

本カードを発行できている以上、その家族が家族カードに申し込みをしても審査に通る場合が多く、本カードに直接申し込みをするよりも審査は緩いと考えていいでしょう逆にいえば相当の理由がない限り家族カードで審査に落ちることはないのです

家族カードを申し込んでいるのがアルバイトでも専業主婦であっても審査が落ちてしまうことはまずないと考えていいでしょう。

家族カードで審査に落ちることはあるの?

家族カードは審査に落ちにくいとはいいましたが、なかには家族カードの審査に落ちたなんて話を聞いたことはないでしょうか。

落ちにくいだけで絶対に審査に通るわけではありません。ではどんな場合に家族カードの審査に落ちてしまうのでしょうか

信用情報に問題がある場合

過去にカードの未払いや支払いの遅れによって強制解約をされてしまった経験がある人や、ブラックリストに名前がある場合審査に落ちてしまうことがあります。

本カードを持っている本人にどれだけ高い収入があったとしても支払いに遅れたり滞る相手に対してクレジット会社が家族カードであっても発行したくないと思ってしまうのは珍しいことではありません

信用情報になにかしらの傷が残ってしまうとそのデータが5年間は保存されてしまいます。

この間はクレジットカードに関わらず携帯の分割などもできません

ドコモの支払いが遅れている

家族カードの本人がドコモの毎月の利用料金の支払いを遅れている、滞納している場合は家族カードであっても審査が通らなくなってしまいます。申し込みをする前に一度遅れ分を清算してからでないと、ただの払い忘れでも審査落ちの原因となってしまいますので十分に注意したいポイントです。

dカードはドコモのカードになりますので他のキャリアよりも厳しいと思っていたほうがいいでしょう。

本カードの本人に問題がある

本カードを作っている本人が高額なキャッシングをしていたり、支払いが滞っているなど毎月の利用状況に何かしらの問題が起きている場合、家族カードの発行ができなくなります。

本会員の収入などの経済情報をもとに家族カードは作られますので家族カードの発行以前の問題になってしまうのです。まずは本会員の支払いをクリアにしてからでないと申し込みができませんので注意してくださいね。

家族カードであっても審査に落ちてしまうことはあるのを覚えておきましょう。

家族カードの再申し込みは6か月は待つこと!

家族カードに落ちてしまった場合、他社の家族カードに申し込みをしてしまう人がいるのですが一度家族カードで落ちている履歴が残ってしまいます。

その履歴は6か月間は残すように決められていますので、その間に別のクレジットカード会社に申し込みをしたところで審査が通らない可能性のほうが高いのです。

むしろ落ちた履歴の数が多ければ多いほど信用がないとみなされてしまいますので、6か月間は他社のクレジットカード会社であっても本カードを含め家族カードの申し込みはしないようにしましょう

履歴には「申し込み履歴」だけが残り、「成約履歴」がない状態になりますので、隠していても必ずばれてしまいます。

家族カードを作るうえで不利になってしまいますので気を付けましょう。

dカードも含め家族カードで審査に落ちるのは必ず理由があります。何も問題なければ審査に落ちるはずがありませんので、まずは自分のカード利用履歴や本会員の利用履歴などを見直し、今度は審査に落ちない状態で申し込みをするようにしましょう。

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク