【諦めないで!】dカードの審査が通らない理由と解決策

dカードに申し込みをしたけど、何度挑戦しても審査に落ちてしまい困っている人はいませんか。

 

比較的審査に通りやすいカードって聞いたけど、これだけ落ちてしまうとそろそろ諦めたほうがいいのかもなんて気持ちになってしまいますよね。

 

dカードにはレギュラーカードとゴールドカードがあります。それぞれ審査に通らない理由は異なりますので、どうして審査に落ちてしまうのか?その理由改善するための対策について紹介します。

スポンサーリンク

dカードの審査が通らない!その理由とは?

まずはdカードの入会条件について見なおしてみましょう

  • 18歳以上であること(高校生を除く)
  • 個人名義であること(法人名義不可)
  • 本人名義の口座を支払い口座として設定できること
  • そのほかのdocomoが定める条件を満たしていること

この入会条件に該当している必要があります。

 

もちろん高校生が申し込みをすれば審査の段階で落とされてしまいますし、法人名義の場合は審査に通りません。

 

またそれ以前に過去に自己破産をしている生活保護などの理由があると審査には通らなくなってしまいます。

 

そういった理由に該当しないのにdカードの審査に通らない理由として

審査が通らない理由

  • 返済や延滞がある
  • キャッシング枠の設定
  • 他社のカードに複数申し込んでいる

などの理由が考えられます。

 

過去に信用情報に傷がつくような延滞をしている、引き落としができていない場合などの場合はdカードの審査に通りません。

 

dカードの審査基準は職業的なものよりも、過去のカード実績を重視した審査を行っているため、現在安定した収入があるとしても過去にカードの支払いで何かしらのトラブルを起こしてしまっていると、審査が通らなくなってしまう場合があるのです。

 

また、審査について自信がない人はむやみにキャッシング枠を設定しないようにしましょう。

 

キャッシング枠とはクレジットカードに付随している機能になり、ATMでお金を借りるときに使います。

 

その分利息を付けてお金を貸しているものになりますので、dカードの申し込みでこのキャッシング枠を希望していると、より審査が厳しくなり、審査落ちしてしまう可能性が高くなってしまうのです。

 

dカードのゴールド審査が通らない!その理由とは?

dカードゴールドの入会条件について見なおしてみましょう。

  • 個人名義であること(法人名義不可)
  • 20歳以上(学生は除く)で、安定した収入が継続的にあること
  • 本人名義の口座を支払い口座として設定できること
  • iモードまたはspモードの利用できる携帯電話番号を届出ること
  • そのほかのdocomoが定める条件を満たしていること

これらの条件に該当していないと入会審査は通りません。

 

dカードゴールドはdカードよりも審査が厳しくなります。

 

dカードの条件と大きく異なるポイントとして20歳以上の学生以外の人であること、安定した収入が継続的にあることになります。

 

そのためアルバイトではなく会社員や固定のシフトで働いているパートなどでないと審査には通りにくくなります

 

もちろん他社の遅延や携帯料金の払い忘れ、同時にさまざまなクレジットカードの申し込みをしている多重申し込みによっても審査に落ちてしまう場合があります。

 

クレジットカード会社にすると、さまざまな場所で申し込みをしている人を信用するのは容易なことではありませんよね。

 

1枚ずつ申し込んで結果が出てから別のカードを申し込むようにしましょう。dカードゴールドはレギュラーカードよりもハイスペックなものになりますので、その分審査が厳しくなります。

 

ゴールドカードでなくてもdカードなら十分と考えているのであれば、レギュラーカードにして再度申し込むのも一つの方法です。

dカードの審査に通りやすくするためにできること

dカードの審査には落ちてしまったけど、どうしてもdカードが欲しい!と諦めきれない場合もありますよね。

 

今のクレジットカードは100円でも0.5円程度のポイントしかつかないなか、dカードは通常でも1001ポイントになりますし、提携しているコンビニやカフェだともっとお得にポイントを貯めることができます。

 

使う頻度が多い人にとっては無理なくポイントをたくさん貯められるお得なカードでもあるのです。そんなあなたは審査に通るためにこんな方法を行ってみてください。

審査落ちから6か月後に再チャレンジ

カードの審査に落ちてしまった場合、すぐにリトライしたくなるかもしれませんがしばらくは何度挑戦したとしてもすぐに審査が通る可能性は低くなります

 

なんらかの過去の情報によって審査が通らなくなってしまったわけですし、最低でも6か月程度時間を空けてから再度dカードに申し込みをかけてみましょう。

次は審査の基準を下げるためにキャッシングやリボ払いなどの枠にはチェックを付けずに審査の申し込みをするのをおすすめします。

安定した収入の仕事に就く

以前の申し込み時はアルバイトや無職だった人でも、正社員などの安定した職業に就いていれば、過去に審査落ちした結果が残っていても審査が通る可能性が高まります

 

極端な話審査の時だけでもきちんとした仕事に就いていて安定的な収入が認められれば審査に通ります。

 

就職などを考えていた人は仕事を変えてから再度申し込みをするのをおすすめします。仕事が変わりそれが安定していれば審査に通る可能性が格段に上がります。

dカードからグレードUPする

dカードゴールドに最初から申し込むよりも、最初は審査のレベルが下がるdカードに加入して起き、しばらくしてから公式サイトからdカードゴールドにグレードUPする方法もあります。

どうしてもゴールドが欲しい人はこの方法のほうがすんなりと手に入ることもありますので、試してみてくださいね。

最後に

dカードの審査が通らなくてもすぐには諦めず違う方法を試してみてくださいね。あなたの状況が変われば審査に通りやすくなります。

また信用情報で引っかかってしまったときも、もし事実と違う内容があれば削除することもできますので、一度見直してから再度申し込みをするようにしてくださいね。ちょっとした違いでも審査の通りやすさは変わりますので簡単には諦めないようにしましょう。

 

審査なしのバンドルカードをご存知でしょうか?

気になる人はこちらの記事をチェック!

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク