【何が違う?】バンドルカードとクレジットカードの違い

【何が違う?】バンドルカードとクレジットカードの違い

最近、クレジットカードやデビットカード、電子マネーの種類が多すぎて区別がよくわからないという人もたくさんいるかと思います。

そのため、バンドルカードクレジットカード違いに疑問になるかもしれません。

今回は

バンドルカードとクレジットカードがどのように違うのかと、バンドルカードについて詳しく解説していきます!

スポンサーリンク

■バンドルカードとクレジットカードの違い

バンドルカードはクレジットカードではなく、

VISA加盟店での支払いが可能なプリペイドカードです。

プリペイドカードとは、あらかじめ金額をカードにチャージしてクレジットカード決済と同じような場所で利用するものです。

クレジットカードを持ってない人や作れない人が、クレジットカード決済と同様の支払い方法を選ぶことができるのがプリペイドカードとなります。

関連記事>>【便利すぎてヤバイ!】バンドルカードとは?評判|ポチッとチャージは危険? 

■バンドルカードには3種類のカードがある

  • バーチャルカード
  • リアルカード
  • リアル+(プラス)カード

▲バーチャルカードとは

バンドルカードの最大の特徴でもあるバーチャルカード。

その名の通り、プラスチックのカードは存在しません。

バーチャルカードはアプリ内でカードが表示され、利用残高やカード番号、セキュリティ番号、使用期限、使用した履歴などアプリ内で全てわかります。

そして、バーチャルカードの大きなメリットは「ポチッとチャージ」ができるということ。

ポチッとチャージとは、すぐにお金がなくてもその場で月2万円までがチャージできるというサービス。

ちなみに、クレジットカードやキャッシングなどのカードローン申し込み時に必ずある審査は基本的にはありません。

ポチッとチャージするにも申し込みは必要ですが、クレジットカードなどに申し込む際の面倒な情報の入力もなく必要な情報は次の項目のみです。

  • 氏名
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 電話番号

たったこれだけで申し込むことが可能でして、何も問題なければすぐにチャージできてしまいます。

※情報を入力する際は、間違いのないようにしてくださいね。

●ポチッとチャージの返済はいつまで?

例えば、当月に2万円ポチッとチャージした場合は、翌月末までに支払いをする必要があります。

支払いが完了次第、問題がなければまた新たに2万円までチャージすることが可能です’。

ポチッとチャージの手数料

3,000円~10,000円  500円

11,000円~20,000円  800円

※一回のチャージにつき、手数料がかかります。

すぐにお金が使えることもあって、このくらいの手数料なら文句ないでしょう。

参考記事:【めっちゃ簡単!】バンドルカードをポチッとチャージする方法

▲リアルカード、リアルプラスカードとは

バーチャルカードがアプリ内のデジタルカードとは違い、一般的にあるプラスチックカードとなります。

リアルカードやリアルプラスカードにすることで何かメリットがあるのかと言いますと、発行すれば利用する店舗やお店が増えます。

ただし、これらのカードは発行時に手数料が発生します。

リアルカード  300円

リアルプラス 600円

■バンドルカードが利用できるお店

バーチャルカード  国内のオンラインストア

リアルカード   国内&海外オンライン・国内リアル店舗

リアルプラスカード  国内&海外オンライン・リアル店舗

■バンドルカードが利用できない場所

バンドルカードを利用する上で注意する点は、使えない場所があるのでこちらの記事を参考にどうぞ>>【なんで使えない??】バンドルカードが使えるお店について

■まとめ

バンドルカードはとても便利で、クレジットカードが作れない方でもすぐに発行することができるので、一度作っておくことをおすすめします。

 

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク