バンドルカード リアルカード実店舗での使い方!海外利用の方法

バンドルカードの中でもインターネットだけではなく、実店舗でも使えるのが「リアルカード」です。

クレジットカードのような感覚で利用できることもあり、実際にクレジットカードを作るのは不安だけどキャッシュレス決済を使ってみたい!

中高生や10代の若い世代を中心に人気があります。

そんなリアルカードをどう使えばいいのか?国内だけでなく海外でも使えるのでしょうか。

リアルカードをもっと使いこなす為に、実店舗での使い方を説明していきたいと思います

バンドルカードのリアルカードとは

バンドルカードはVisaのプリペイドカードのことです。

バンドルカードはアプリをインストールして使うので、インターネット上の店舗でしか使用できず実店舗では使えません。

発行手数料は300円かかりますが、審査など一切なく本物のカードに変更できます

またバンドルカードは、クレジットカードとは違います

そのため支払いが遅れてしまっても信用情報に履歴として残ることはありません。(※ただし今後は変わる可能性も)

リアルカードはバンドルカードの機能はそのままに、コンビニやスーパーなどリアルのお店でもインターネットでも両方で使えます。

プラスチック製のカードになりデザインも選べます。

使い方はとても簡単です!

1. レジに行き「バンドルカードで支払います」とレジのスタッフに伝え、お会計を行います。まずはバンドルカードのリアルカードを提示します

2. 売上票に自分の名前をサインします

3. 売上票の控えとカードを受け取ります

4. 以上で支払いは完了です


お店や購入する金額によっては著名や暗証番号の入力が必要ないこともあります。

クレジットカードのような感覚で使えるので、現金のやりとりのような余計な手間がかかりません

VisaマークがついたVISA加盟店で使用できますが、クレジットカード払いができるお店であればほとんどのお店でVISAが使えますので安心してくださいね。

Visaは世界シェアトップの国際ブランドになりますし、国内外でも十分に普及しています

また、バンドルカードはTVでも話題PayPay(ペイペイ)に登録して使用できるなど、使える幅が広がりどんどん便利になっています。

使える幅を広げたいのであればバンドルカードリアル+がおすすめ

バンドルカードでも十分便利に使いこなせるのですが、もう少し使える幅を広げたいのであればバンドルカードリアル+を選ぶのをおすすめします

カード発行料金は600円(初回のみ)かかりますが、利用できる施設や店舗がぐっと広がります。

本物のクレジットカードさながらの機能もありますし、使う場所はできるだけ幅広いほうがいい人からも選ばれています。

例えば使用限度額10万円から100万円になり利用できる幅が広がります。

海外での実店舗でも使用できますので海外旅行のときにも便利です。

ただしバンドルカードリアル+は、申請するとき本人確認書類のアップロードが必要になります。

ただしこれ以外は通常のバンドルカードと申請方法は変わりません。

ちなみにバンドルカードはネットだけで使えるバーチャルカードやリアルカードは「海外のオンラインVisa加盟店」のみ、リアル+は「海外の実店舗Visa加盟店」でも使えるなど、利用できる幅が広くなります。

海外での利用を踏まえて考えるのであれば、リアル+を選ぶのをおすすめします。

バンドルカードを海外で使う場合、必ず覚えておいてほしい事なのですが「海外事務手数料」が発生します。

国外のVisa加盟店でお買い物をした際に発生する手数料になり4.5%を別に支払う必要があります。

バンドルカードはどうやってチャージするの?

バンドルカードはプリペイド式になるので事前にチャージを行う必要があります。

チャージの方法は以下の6種類から選べます。

チャージ方法は自分で好きなものを選べますが、携帯払いを選択すると手数料がかかるので要注意。

5,000円以下で300円、6,000円以上でチャージした金額の6.5%のチャージ料が必要になります。

チャージできる金額は3,000円~上限額までとなり、1,000円単位で設定できます。

・コンビニ
・クレジットカード
・ネット銀行
・銀行のATM
・携帯払い
・ビットコイン


チャージさえ完了すればすぐにでもバンドルカードが利用できます。

バンドルカードは発行が完了すればすぐにでも使用できるのが嬉しいですね!余計なタイムラグもありません。

それぞれのチャージ方法は異なりますので公式サイトを確認してくださいね。

バンドルカードのポチッとチャージの手順

バンドルカードの新しいサービスとして、スタートしたのがポチッとチャージです。

もともとはプリペイドカードなので事前にお金を入金しないとカードでお買い物ができません。

ただ給料日前だったりお金ないと使えデメリットもあります。

ポチッとチャージなら事前に審査を行い上限額まで後払いで商品を購入できます。

ポチッとチャージを使った分は翌月の末までに支払えばいいので、今お金がなくても商品の購入ができるのです。

まるでクレジットカードのような機能なのもあり、利用者は年々増えています。

ポチッとチャージの登録方法
  1. まずはバンドルカードにログインします
  2. ポチッとチャージをクリックし「次へ」を選択します
  3. ポチッとの申し込みへをクリックします
  4. 氏名・生年月日・メールアドレス・電話番号等の必須項目を入力します
  5. 次へをおして「SMSを送信」OKを選択し認証の手続きを行います
  6. 申し込み金額を入力し「この内容で申し込む」をクリックします

チャージさえ完了すればあとは、ショッピングとして利用できます。

ただしポチッとチャージは必ずしも使えるものではありません。

例えば月の上限額に到達している場合、前月分の支払いが完了していないバンドルカードの規定により申請が承認されないなど、何かしらの理由でチャージができないこともあります。

また、未成年者が親の同意なく利用している場合も申請には通りません。

リアルカードは使えないお店もある?

リアルカードを実店舗で使用する場合、使えないお店があります

意外と利用頻度も多いお店になりますので、リアルカードを作る前に把握しておくようにしましょう。

・ガソリンスタンド
・宿泊施設 (ホテル・ロッジを含む)
・公共料金(水道・ガス・電気など)
・定期支払い・定期購買(ニュースの配信・受信料)
・保険料の支払い
・高速道路料金
・機内販売
・暗証番号が必要な加盟店で購入する特急券
・プリペイドカード
・電子マネー
・本人確認の必要な加盟店


リアルカードには、上位向けのリアル+もあります。

マークが付いているお店は、リアル+なら使えます。

ただし宿泊施設・ガソリンスタンドで使った場合は、宿泊料金25,000円、ガソリンスタンド8,000円が利用日から7日間~11日前後で引き落とされ、指定の期間後に差額分を返金する仕組みになります。

国内と海外で使い方にちょっとした違いもあるので注意!

このお店がVISA加盟店でも使用不可となっていますので注意してくださいね。

使えない理由として正確な代金が連携されないこと、カードが有効かどうかの確認が取れないこともあり、バンドルカードは使えない店舗となっています。

バンドルカードの残高が足りていないにもかかわらず、決済が完了してしまう可能性があるので、どの店舗でも使用不可になっています。

バンドルカードを使う前にこの店に該当しないかどうか確認しましょう。

海外渡米・留学時に使うならリアル+がおすすめ

海外渡米留学など長期で海外に行く予定があるなら、リアル+のカードをおすすめします。

余計な審査もなく、クレジットカードのように気軽に利用できるので使いすぎてしまう心配もなく、長く使えるカードになります。

これだけ便利な機能がついていながら、年収や勤務先の審査などは行いません。


宿泊施設やガソリンスタンドでも使えることを考えると海外でも十分に活躍してくれるはずです。

チャージ金額の上限も高いのでメインカードとしても使えます。

クレジットカードを使ったことがある人なら使いかたで戸惑うこともなく、安心して利用できるはずです。

もちろんリアルカードもリアル+もどちらも便利なカードですので、自分のライフスタイルにあったものを選んでくださいね。

おわりに

バンドルカードのリアルカードを実店舗ではどう使うのかについて説明しました。

使い方はとても簡単ですし、気軽に使えるクレジットカード代わりとして使ってみてくださいね。

発行手数料こそかかるもののVISA加盟店であれば使える幅も広く、便利なカードであることは間違いありません。

お店によってはサインも暗証番号も必要なく簡単決済ができるなど、面倒な現金決済も簡素化されるはずです。リアルカードを試してみてくださいね。

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク