ライフカードとアイフルの 審査の関係性ついて!

学生や専業主婦でも審査に通りやすく、キャッシングができて海外での使い勝手にも優れているライフカードについて調べていると、アイフルの名前もよくみかけます。

その理由は、ライフカードはアイフルの子会社だからです。

以下では、ライフカードとアイフルの関係性について確認するとともに、お互いが審査にどのように影響を与えあうのかご紹介していきます。

スポンサーリンク

ライフカードの親会社であるアイフルとは

ライフカードはアイフルの子会社なので、コールセンターがアイフルの施設内にあるなど深い関係性にあります。

きっとご存じの方も多いと思いますが、アイフルは消費者金融であり、どことなく怖い印象を受けるかもしれません。

事実、21世紀になったばかりの頃は消費者金融のしつこい勧誘や強引な取り立て、金利の高さが問題となり、同業界全体が悪者としてみなされていましたが、それらについて心配する必要はありません。

アイフルは東証一部上場企業であり、適正な業務運営が求められるのは当然ですし、これほどコンプライアンスが叫ばれる状況下であれば尚更です。

誰もがSNSやブログで情報発信できる今日、ネットでもっともおススメのクレジットカードとされているのがライフカードなのですから、アイフルも適切な運営を行っている企業であると考えられます。

ライフカードとアイフルは審査も同じ?

ライフカードの審査は18歳以上であり、電話連絡が可能であれば受けられますし、審査にも通りやすいといわれていますので、学生や専業主婦でも申し込みやすいカードです。

審査にはCICとJICCという2つの信用情報機関に登録されている個人情報を用いますので、他のクレジットカード会社の審査と何ら変わりません。

そして、アイフルも同じ2つの信用情報機関に登録していますので、基本的には同じ基準で審査されていると思っても差し支えないでしょう。

その根拠と考えられるのが、アイフルが大手では珍しい独立経営の消費者金融であることです。

上でもご紹介したよう、消費者金融業界に世論からの逆風が吹いたのに加え、総量規制によって貸出金額も抑制されて以前より収益を上げるのが難しくなったため、多くの消費者金融は銀行傘下となっています。

しかし、アイフルは当時のまま独立を保っていますので、審査ノウハウを含む営業方針に銀行からの関与を受けません。

この結果、アイフルは同社なりのノウハウで営業しており、子会社であるライフカードにも同様のノウハウを共有していると十分に考えられます。

アイフルとライフカードは審査結果も共有される?

親会社・子会社の関係にあると、どちらか一方の判断が他方にも共有されると考えがちですが、そのようなことはありません。

ライフカードとアイフルの審査は別々なので、ライフカードの審査に通らなかったからアイフルも通らないというわけではなく、どちらか一方の審査に通る可能性は十分にあります。

上で審査のノウハウを共有している可能性があるとしていますが、それはあくまでノウハウであり、審査基準を同一としているわけではありません。

もともとアイフルはキャッシングに特化、ライフカードはクレジットカードに特化した会社なのですから、サービスが異なる以上、審査基準も当然に異なってきます。

仮に統一していたとすれば、それは両社とも利益を最大化できませんので、独自の基準を持っていると考えるほうがごく自然です。

社内ブラック対象者は共有されている可能性が高い

クレジットカードの審査は基本的に信用情報機関の登録情報をもとに、これまでの金融事故の有無や借り入れ状況を総合的に判断して行いますが、それらに問題が無かったとしても審査に通らない場合があります。

それは社内ブラック対象者とされている場合です。

社内ブラックとは、信用情報に問題がないものの、社内の顧客情報にネガティブな情報が残ったままとなっている対象者のことです。

より具体的に言うならば、ライフカードへの支払いを延滞しているような場合、ライフカードの社内ブラックとしてアイフルがその情報を把握しているということです。

支払いがいくらか遅れたとしても、すぐに信用情報機関に情報が登録されるわけではありません。

情報が掲載されるのは2か月から3か月以上の金融事故なので、数週間ほどであれば社内ブラックとして取り扱われている可能性が高いといえます。

ライフカードとアイフルどちらも審査に通るコツ

ライフカードもアイフルも異なるサービスであり、審査基準も異なりますが、信用情報機関の情報に加えて社内ブラック対象者などの情報も共有しつつ審査を行っているだろうと考えられるのは上述した通りです。

では、片方が通れば、もう一方も審査に確実に通るのかといえばそうではありません。ライフカードの審査に通っても、アイフルの審査に落ちてしまう場合は十分に考えられます。

その根拠となるのが、総量規制です。アイフルは年収の3分の1までしかお金を貸すことができない総量規制の対象となります。このため、どちらのサービスも利用したいと考えるなら、アイフルへ先に申し込むのがおススメです。

仮に、スーパーホワイトの場合にはライフカードから申し込みするといいでしょう。

借金をする必要のなかったスーパーホワイトであれば、問題なく貸してくれそうに思えますが、実際には異なります。

これはアイフルに限らず、他の消費者金融でも同様です。

これまで一度も借り入れを行ったことのない人がキャッシングに特化したアイフルに申し込んだ場合、“なぜ、この人は申し込まなくてはならなかったのだろう”と思われてしまうためです。

借金を一度もしたことのない人が、借金せざるを得ない事情に陥ったと考えれば、アイフルの審査が自ずと厳しくなるのはイメージしやすいのではないでしょうか。

まずはライフカードを申し込み、ショッピングに加えてキャッシングの履歴を作っていきます。

そこで借金をしても返す人間であるとの信用を構築していけば、スーパーホワイトから脱却でき、アイフルの審査にも通りやすくなります。

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク