【※遅延金に注意】ライフカード滞納するリスク支払えない場合の解決策

ライフカードの支払日にお金を入金し忘れてしまったり、支払いができず滞納してしまう人もいるのではないでしょうか。本来お金を立て替えて買い物をしているのですから、支払いが遅れてしまうのは決していいことではないのですがどうしても…なんてこともあると思います。

ライフカードの支払いが遅れたり滞納するとどんなリスクがあるのかについて詳しく説明していきます。延滞を甘く見ているとブラックリストに登録されてしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク

ライフカードの支払日は?

まずライフカードの支払日(引き落とし日)ですが、振替口座として登録する金融機関の支払日によって違います。前月の1日~31日までに使った分を翌月の27日に支払う場合と、その翌月の3日に支払う場合のいずれかになります。

ライフカードの場合は、この支払い日にお金が入金されていないとカードの引き落としができなくなってしまいます。カード会社によっては入金されていないと、再度日を改めて引き落とししてくれる場合もありますが、ライフカードにはその機能がありません。

支払日に遅れてしまうと、自分で手続きが必要になってしまいます。また支払日の前に支払い額を調整する機能もありますので、「今月はどのぐらいなら支払いができそうか」事前に確認しておきましょう。

この調整にも期限があるのでライフカードを所持する前に支払いサイクルや相談はいつまでならできるのかを調べておくと、支払日になってから慌てることがなくなります。

入金を忘れてしまった場合はどうする?

ついうっかりしていて支払日にお金を入金し忘れてしまうこともあります。特に27日や3日払いだと給料が入ってすぐに支払いにしている人もいるので、土日などを挟んでしまい引き落としのタイミングに間に合わなくなってしまうこともあります。

金融機関によって引き落としのタイミングが変わりますので、なかには朝一で引き落とされることもありますし、午後に引き落とされることもあります。支払日の前日の営業時間内に支払額を入金しておく必要があるのです。

もし引き落としができなかったときは、まずはライフカードに連絡をして、ライフカードの口座に直接請求額を振込む必要があります。銀行に行って振込の手続きをしなくてはいけないことや手数料などを考えると自己負担が多くなってしまうので、支払い忘れでいいことはなにもありません。

また何度も支払日に遅れるとライフカードからの信頼度も下がってしまいます。支払日の前日には必ず入金しておくようにして、ついうっかり支払いを忘れてしまうことのないように注意してくださいね。

遅延から2日もすればライフカードから電話がかかってくるのですが、あなたから電話をしたのか、催促の電話がかかってきたのかによっても取られ方が変わります。ようは払う意思があるのかないのかを判断できるのです。

延滞損害金に注意!

さらに支払日に遅れてしまうときに注意しなくてはいけないのが「延滞損害金」です。支払日の翌日からこの対象になり遅延損害金がかかってしまいます。ショッピング利用は年利14.6%、キャッシングは年利20.0%になるので遅れれば遅れるほど余計な支払いが増えてしまいます。

この年利はかなり高額なものになりペナルティのようなものです。遅延損害金も支払えばいいんでしょと安易に思っている人もいるかもしれませんが、遅れている金額が多ければ多いほどその負担が大きくなってしまいます。

その月は延滞損害金の支払いが発生せず、翌月に合算されて支払うことになります。支払額に関わらず加算される延滞金になりますので、遅れればもったいないお金です。1日毎に加算されるのでたかが1日・2日と考えていると痛い目にあってしまいます。

ライフカードの支払いを延滞するとどうなるの?

うっかり支払いを忘れてしまった場合は、遅れてでも入金すればいいのですが…。お金が足りなくなってしまい支払いができなくなる延滞になってしまうとどんな事態がおきてしまうのでしょうか。

1. 遅延1週間以内

まず支払日に遅れると“カード利用の停止”扱いになります。1日の延滞でも利用できなくなってしまうので、日常的にカードを使っている人にとっては困った事態になってしまうと思います。

その後、ライフカード株式会社から催促の電話がかかってくるようになり、「支払いはいつになるのか?」と聞かれるようになります。この時点で確実に返済できる日時を伝えるようにしましょう。その間は遅延損害金がかかっていますので、できるだけ早いに越したことはありません。

もし支払いの目処が立たない場合は、分割での支払いに変更できるのか確認します。ただしカード会社や利用額によって分割払いを認めてくれるケースもあれば、そうでないこともあります。あくまでも相談に過ぎませんので絶対に分割ができるとは思わない方が懸命です。

2. 連絡なし遅延2週間

催促の電話がかかっていているのに無視して電話に出なかったり、約束した支払日を遅れてしまっていると「督促状」が届きます。督促状の中を見ると電話をかけてくれるように促す内容になっています。

もしこの督促状を無視していると「信用情報機関」に登録されてしまいます。カード会社によってもこの辺りの対応は異なりますが、2週間程度の滞納であっても信用情報機関に載ってしまうと言われています。

会社が契約している信用情報機関によっても多少の違いはあるのですが、「JICC」と「CIC」では最長5年間は記録が残ってしまい、他にクレジットカードを作るときや携帯のローンなど様々な場面で影響します。

また家族に隠したいと思っていても、家族に連絡がいってしまったり職場に電話がかかってくることもあるので、支払いが遅れていることを周りにバレてしまうのです。

ここまで過ぎても支払いが確認できない場合、ライフカードから強制解約を言い渡されてしまいどんなに主張しても取り消すことはできません。ライフカードを使って公共料金や携帯代を支払っているとその支払いも滞ってしまうことがあるので注意してください。

さらに滞納が続くと給料や住宅の差し押さえや裁判の対応になってしまうことも十分に考えられます。ここまで事態が大きくなってしまうと自分では処理できず専門家に相談したうえで債務整理の手続が必要になってしまいます。悪意のある延滞なのかそれとも生活費として仕方がなかったものなのかによっても変わります。

ただここまで行くとブラックリストに登録され、しばらくは思うようにカードが作れないなどのリスクがあります。例えば住宅ローンを組むときにもブラックリストに登録されていると審査が通りません。クレジットカードだけの問題ではなくなってしまうのが、支払い遅延の怖いところです。また一緒に住んでいる家族のローンなども組めなくなってしまうので自分だけの問題だと判断しないようにしてくださいね。

ライフカードの支払いができないときはどうすればいい?

ライフカードの支払日に遅れてしまうと、怖いリスクがあることは十分にわかっていただけたと思います。たかが1日の遅延だと思っていても支払いの遅れには変わりありません。

クレジットカードはとても便利なものですが、支払いに遅れてしまうと最悪裁判沙汰になてしまうこともあるのです。1日の遅れだから…と思っているうちに支払いができなくなってしまい、悪影響が出てしまうことも考えられるのです。

1. カードローン

ライフカードの支払いで引き落としになる口座に対してカードローンを申し込みセットにしておきましょう。カードローンには「自動融資機能」があり、残高不足になってしまったときに自動貸付を行うサービスです。残高不足で支払いができないメリットを防ぐことになります。

もちろん、借入限度額がありますのですべてに対応できるわけではありませんが、入金を忘れてしまったときに使える便利機能です。ただし銀行に立て替えてもらっている状態なので早めに返済するようにしましょう。

2. キャッシング

消費者金融のキャッシングを使えばモアタイムシステムの導入により、即日お金を貸付できるようになりました。消費者金融によって違いますが平日の20時頃までであれば即日対応をしてくれます。

キャッシングには銀行やクレジットカードもありますが利息が高額なので結果として実際の支払額よりも多くなってしまいます。消費者金融のキャッシングだとはじめての利用に限り、30日間利息無料などの特典がついているものも多く、貸し付けた金額以上のお金がかかってしまうことがなくなります。

3. 家族・両親に借りる

支払いに遅れていることを家族にいうのも正直気が乗らないなんて人もいると思いますが、滞納してしまうと家族にも影響してしまい迷惑をかける結果になってしまいます。そのため家族に頭を下げてでもお金を借りて徐々に返済できるようにしましょう。もちろん当たり前のことではないので感謝の気持ちをしっかりと伝えること!同じ間違いを何度も繰り返さないようにしましょう。遅延損害金がかかってしまうことを考えるとむやみに支払日を延ばすのも決していいことではありません。

ライフカードの支払いに遅れてしまったり延滞・滞納してしまうと、様々なリスクが考えられます。たかが1日なら問題ないでしょと思いがちですが、クレジットカードは信用できると判断して立て替えているに過ぎません。

回収できない=信用出来ないと判断されてしまうと、いくらお得なカードであっても作れなくなってしまいます。カードは買い物時に使える便利なものですが支払日の管理ができていないと、家族にも迷惑がかかってしまいます。

ライフカードを所持する前にまずはライフカードの支払いに遅れるとどんなリスクがあるのか、遅れない為の対策も考えておくようにしましょうね。

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク