ライフカードはどんな人におすすめ? またメリット・デメリットについても徹底解説!

ライフカードが気になっているものの、自分には最適なカードなのかどうか決めかねている人もいるかもしれません。

ライフカードはポイントの還元率がよくお得に貯められるカードとしても知られていますが、どんな人におすすめできるのでしょうか


ライフカードのメリットデメリットについても説明していきます。

すでにライフカードを持っている人であっても役立つ情報になりますので、是非読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

ライフカードの基本情報

まずはライフカードの基本的な情報から説明していきます。

ライフカードはアコムのグループ子会社であるライフカード株式会社が発行しているクレジットカードです。

・入会金
・発行料
・事務手続き
・年会費
・解約料

などの手数料は一切かかりません

まずはお試しがてらクレジットカードを作ってみたい!

そんな人にも申し込みしやすいカードなのです。

カードにはショッピング機能キャッシング機能があります。

支払いの方法も一括・分割・リボ払いなど選択できるのも嬉しいですね。

また、ライフカードを作る為の条件は日本に住んでいて“高校生を除く18歳以上”であれば誰でも申込みを行うことがきます。(※未成年の場合は親権者の同意が必要になります)ライフカードは収入の金額によるカードの審査はありません。

雇用形態は問わず正社員だけでなくアルバイトでもパートでも、継続的に収入があるかどうかがカードの審査に影響します。

比較的審査に通りやすいカードと言われていますが、なかには審査に落ちてしまうこともあります。

他にもライフカードには「盗難補償付き」なので、もしカード情報が漏洩してしまったりカードの盗難や紛失でなにか被害にあってしまっても、カードを保有している人の自己負担はかかりません。

また24時間365日の徹底した「不正監視システム」によって常に不正がないかをチェックしています。

年会費がこれだけ無料なのに手厚いサポートがついているのもライフカードが人気の秘密です。

またライフカードは使えば使うほどお得なカードになり、入会した初年度1年間はポイントが1.5倍になること、誕生月はポイントが3倍になります。

カード払いをよく使う人や、カードを使うのであればやっぱりポイントの還元率を重視したい!そんな人から選ばれているカードです。

ライフカードはどんな人におすすめ?

ライフカードはとにかくお得なカードであることはわかると思いますが、どんな人におすすめできるのか具体的に紹介していきます。

1. はじめてカードを持つ人

クレジットカードを持ったことのない学生・主婦・新社会人(継続勤務年数の少ない人)など、はじめて作る人にもおすすめできるカードです。

年会費がかかりませんので、とりあえず作っておき必要なときにカード機能を使ってもいいと思います。

また社会人になり一人暮らしをはじめた人など、公共料金・携帯代・税金などの支払いをカード払いにしておけば年間50万円~100万円の利用額になりますので、自然とポイントの還元率が高くなります。

2. 家族カードを作る人

ライフカードは一人暮らしの方が使ってもお得なカードですが、家族と一緒に使うことでよりお得にポイントが貯められると言われています。

契約者本人の誕生月に限るのですが、1ヶ月間は何度カードを使って買い物をしてもポイントが3倍になります。

以前は家族カードを持っている人の誕生月も対象だったのですが現在は変わってしまいました。

3. サブカードを検討している人

普段はもっとポイントの還元率の高いカードを使い、誕生月だけライフカードを使うなんて方法でもいいと思います。

誕生月のポイント3倍は他のカードではありませんので、毎年その月に高額な買い物をすると決めておくとライフカードのポイントの恩恵が受けられるようになります。

通常月の0.5%と3倍では大きく違います。また高額な買い物を予定している人にもいいかもしれません。

4. ネットショッピングをよく使う

ライフカードは会員限定のショッピングモールを経由して買い物をすると、最大25倍のポイントを受け取ることができます。

「L-Mall」は掲載店の数はその都度変動しますが約500店舗も提携していて、ライフカードのポイント以外にもボーナスポイントを受け取ることもできます。

エルモールサイトから一覧を確認することもできるので、使う前に確認しておくといいですよ。

5. 主婦や学生

カードには必ず審査があります。クレジットカードの仕組みは商品の購入代金を一時的に立て替えているに過ぎません。



そのためあとからカードの所有者にそのお金を請求する形になります。

立て替えたのに回収できないとなってしまえば、カード会社は大損をしてしまうことになるのです。



そのため収入の制限や雇用形態によっては審査に通らないこともあります。ライフカードは主婦や学生であっても審査に通るので安心です。

ライフカードのメリット

メリット1. 年会費は全くかからない

クレジットカードを持つときにやっぱり気になるのは年会費だと思います。

ライフカードは何年持ち続けても無料です。年会費がかかってしまうカードの場合、年会費のことを意識しながら使わなくてはいけないデメリットがあります。

ライフカードには4種類のカードがありますが、年会費がかかるのは旅行傷害保険がついているもののみで1,350円(※初年度無料)がかかります。

カードを作っておいて万が一に備えて所持していても損がないのが嬉しいですね。

メリット2. ポイントの交換先が充実している

ライフカードは貯まったポイントをさまざまな形に交換できます。

地方の特産品や名産、カタログギフト、商品、他社のポイント、商品券やギフト券などに交換できます。

AOYAMAオンラインカードや三光マーケティングの商品券を選ぶと、ポイントの還元率が10倍になります。

また還元率は下がってしまいますが、現金化することもできます。

交換する商品のポイントがなければ現金にしてもいいと思います。

また繰越手続きで5年間有効になりますので、使いたいときにポイントを使えるのもメリットです。

メリット3. 支払い方法の調整ができる

計画的にカードを使いたいと思っていても、冠婚葬祭や急な飲み会で支払いが続いてしまい支払いが厳しくなってしまうこともあると思います。

一括だけでなくリボや後から分割払いの選択もできるので支払いの前に調整しておくようにしましょう。

支払い方法の選択肢の多さも支払いに遅れないためにも大切です。

ただし一回払い以外はカードなので手数料がかかります。むやみに支払いの回数を増やしてしまうと返済額が多くなってしまうので注意してくださいね。

ライフカードのデメリット

デメリット1. 平常月はそこまでポイントの還元率が良くない

ライフカードは確かに誕生月や入会して1年間の間はポイントの還元率が高くなりますが、その他の月は0.5%の還元率になりますので、決して高いカードとはいえません。

1.5ポイントの還元は0.75~1.0%程度にしかならないので、実はポイントの還元率が高いともいえません。

ポイントを2倍にするためには年間利用額200万円以上になりますので、平均して月額16万5,000円以上使わないと超えないことになってしまいます。

支払いをすべてライフカードの一括にするなど支払いをまとめないと、思っているよりも利用額が増えずポイントが貯まらなくなってしまいます。

デメリット2. 付帯保険は最小限にすぎない

年会費が無料のカードで考えると決して珍しいことではないのですが、ライフカードは「海外旅行傷害保険」や「国内旅行傷害保険」などの付帯保険が少ないのでカードに保険の保障も求めている人にとっては物足りなさを感じてしまうと思います。

ライフカードで手厚い保険を希望する場合、年会費を支払わなくてはけないので年会費を払っても保険を手厚くするかどうかはしっかりと検討したいものです。


カードによっては年会費がかからずとも保険が手厚いものもあります。

デメリット3. ETCカードではポイントが貯まらない

年会費と発行手数料が無料で「ETCカード」の発行もできます。

有料道路や高速道路の渋滞を防ぐために開発されたカードになり、日頃から車で移動している人は必ずといっていいほどETCカードを持っています。

通常であれば本カードと同様に利用した料金に応じてポイントが加算されるのですが、ライフカードで使ったETCカードはポイントの加算がありません。

そのためETCを目当てにライフカードを作るのであればポイントが貯まらないのを物足りないと感じてしまうかもしれません。

ライフカードの特典は変わりやすいので注意!

ライフカードについて調べてみると運用が変わったことによって、受けられる特典が変わってしまったという口コミをよく見かけます。

JCBギフトカードの購入や、nanacoや楽天Edyへのチャージはポイント対象外になってしまったり、家族間のポイント付与制度、10,000円以上のギフト券への交換がほぼ廃止などの変化がありました。

そのためもともとライフカードを使っていた人にとっては残念だと感じている人も多いようです。

実はとてもお得な誕生月ポイント3倍も、以前であれば5倍だったなどの変更がありました。

これらの理由からずっと同じ条件でライフカードが使えるとは限りません。

また定期的にカード入会時のキャンペーンも行っていますので、ライフカードに入会するタイミングに気をつけるようにしましょう。

ライフカードをおすすめできる人や作るメリット・デメリットに付いて紹介しました。

ポイント還元も常に変化していますが、誕生月のポイント3倍を考えると持っていて損はないと思います。

毎月使うメインカードにしなくてもサブカードとして作っておくとメリットも多いカードといえるのではないでしょうか。

ポイントを5年間に延ばしたり年会費も永年無料なので長く愛用できるカードだといえるでしょう。

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク