LINE payカードは未成年でも申し込みできるの?

LINE payはカードを作ることで大変便利な決済手段となります。

このカードは全国に30000店以上もあるJCBカード加盟店で使えるものとなりますので、通常の電子マネー以上に使い勝手に優れています。

では、LINE payカードは審査などがあるのかといえば、まったくありません。なぜなら、借金が発生しないからです。LINE payカードは銀行振り込みによるチャージを原則としたデビットカードのようなものですので、信用審査をする必要がないのです。

スポンサーリンク

LINE payカードは未成年でも申し込みできるの?

まず、クレジットカードについての知識を整理してみましょう。

基本的に未成年はクレジットカードを持つことはできませんが、例外として持てる場合があります。それは、プリペイド型クレジットカードと呼ばれるものであり、事前にチャージ入金した金額の範囲内でのみ使用できるデビットカードのようなクレジットカードのことです。勘のいい人であればもうお気づきかもしれませんが、LINE payカードがまさにこれに該当します。

では、LINE payカードは未成年でも申し込みできるのか、発行されるのかといえば、答えはYesです。同カードはクレジットカードではありませんので未成年でも申し込むことができますし、その結果として発行されます。申し込みにあたっては保護者の同意が必要となりますが、これを書面などによって確認されることはありません。

 

しかし、お金が絡むことですので、万が一の場合も考え、親に相談してからの申し込みとしたほうがその後もスムーズにいくでしょう。

大人からすると、子供がJCBカードを持つかのように誤解するかもしれませんが、その際にはコチラの記事をよく読むように説明してあげてくださいね。

 

LINE payカード申し込み時の本人確認は?

LINE payカードを申し込む際に必要な本人確認には2つの方法があります。

まず1つ目は、銀行口座を登録して本人確認するものです。しかし、この方法は未成年であれば口座さえ持たない場合もあるでしょうし、銀行口座を持っていたとしても、ネットバンキング利用手続きが完了していなければならないなど、何かと縛りが厳しい設定となっています。

 

そして、2つ目として身分証をアップロードして本人確認をおこなう方法があります。この方法であれば免許証でも有効ですので、未成年であっても対応しやすい本人確認手段ではないかと思います。

その他、健康保険証も有効であることを忘れてはなりません。自動車やバイクの運転免許証をまだ取得できない未成年の皆さまであっても、病院に行くときに親から渡される保険所があるはずです。

 

これをアップロードすれば、本人確認が完了しますので、こちらであれば誰でもLINE payカードを手に入れられることでしょう。

まとめ

便利なLINE payカードは大人以上に未成年ほど欲しい一枚ではないかと思います。通常であれば、これ以外の方法で使い勝手に優れるJCBカードを手にすることなどできませんし、還元率も一般的なクレジットカードに比べて破格の設定となっています。

健康保険証による本人確認によって、保護者に知られることなくカードを手にすることも決して不可能ではないかもしれませんが、もしもの場合を考えれば、事前に了承を取ったうえでカード発行申し込みをするほうがおススメです。

LINE payカードには紛失や盗難時における第三者による使用についての保証がありません。このような場合が生じた際、皆さまにとってすぐに相談できる人といえば親御さんに他ならないことでしょう。こっそりとカードを持って使用していても、どことなく後ろめたい思いであったりを抱えてしまうことでしょうが、必要な同意を家族に得ておくことでLINE payカードの利便性を思う存分に味わうことができるのではないかと思います。

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク