LINE Payのメリット・デメリットとは?

誰もが使っているLINEが提供しているLINE payは、これからの私たちにとって、もっとも身近な決済手段となっていくことでしょう。そこで、LINE payのメリット・デメリットについて正しい知識を持ち、もっと便利に、よりお得な決済手段を使いこなしていけるように準備してみてはいかがでしょうか。下記をご覧いただければ、LINE payがどれほどメリットの多いものであるか認識していただけることでしょう。

スポンサーリンク

LINE payのメリット

LINE payのメリットとしてまず挙げられるのが、無料で使える電子マネーであり、お金のやり取りも無料であるところです。通常、電子マネーは使用時に決済手数料を徴収されてしまうことが多く、利便性よりも損をさせられる気分のほうが大きなものでした。しかし、LINE payは無料で使用できるのですから、これまで抱えていた電子マネーユーザーの不満を解消したものといえます。加えて、個人間でもお金のやり取りが無料でできるのが嬉しいところです。超低金利時代の今日、振込手数料を払うこと自体にバカバカしさを覚えてしまう人も少なくないことでしょう。LINE payに切り替えてしまえば、そのようなストレスからも解放されます。

ここでLINE payが私たちの生活のどこで使えるのか、気になるのではないでしょうか。電子マネーはいつでも決済でき、即座に反映できるメリットこそ持っていても、使用できる先が限られており、決して誰もが持つべきものとはいえないのが実情でした。しかし、LINE payはLINE payカードを持っていれば、どこでも使えるといっても過言ではないほど様々なお店などで使用できます。LINE payカードはJCBカード加盟店で使えるため、コンビニやスーパーをはじめとし、居酒屋や美容院など全国3000万店ほどで使用可能となります。

上記につき、「クレジットカードならもう持っているから・・」と思っては損してしまいます。LINE payカードをお買い物の際に使用するだけで、2%分のLINEポイントが付与されます。LINEポイントはLINE payと1ポイント=1円の価値で交換できます。一般的なクレジットカードでは2%の還元率は得られませんので、クレジットカードよりもLINE payカードに切り替えたほうがお得である場合が多いのです。

LINE payカードのデメリット

これまでご紹介してきましたように、LINE payはカードを持つことで大きなメリットを享受できるようになります。その反面、デメリットはどのようなものが挙げられるのかといえば、結論から言うと、それほどデメリットと感じることがないのです。

基本的には銀行振り込みからと、チャージ手段が限られてしまうのですが、これはオートチャージ設定しておくだけでカバーできてしまいます。また、現金に戻すのに216円かかるのですが、一度チャージしたものを現金化しなくてはならない場合自体がとても限られるため、それほど気にならないことでしょう。加えて、クレジットカードのように毎月の引き落としに利用できない点も挙げられるかもしれませんが、これは銀行口座やクレジットカードに任せて、日頃の決済の身LINE payでおこなっていけば何の問題もありません。

まとめ

以上のように、LINE payはカードを持つことでとても便利な決済手段となり、優れた還元率からよりお得にお買い物ができるようになります。LINE payカードの申し込みについてはクレジットカードのように審査がありません。是非、この機会にLINE payカードを作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク