メルペイあと払い弁護士から連絡がきた場合どうなる?

メルペイあと払いで支払いの遅れや延滞が長期に渡ると、メルカリでは回収できないと判断され、回収業務を債権回収機関に委託されてしまいます。なかには「え、どういうこと?」とよく意味が理解できない人もいるかもしれません。

今回はメルペイあと払いの支払いが長期間とどまってしまったときに、どんなリスクが考えられるのか?そもそも債権回収機関とはどのようなものなのかなど、支払いに遅れた場合に考えられるリスクについて説明します。

メルペイあと払いを使う前に必ず覚えておいて欲しいことですので、しっかりと把握しておくようにしてくださいね。

スポンサーリンク

ここ最近、請求書の滞納者増加傾向にあり

メルペイあと払いで翌月末に商品代金の支払いをしなくてはいけないにも関わらず、現金が用意できずに支払いが滞ってしまい長期滞納になってしまっている人もいるのではないでしょうか。

メルペイあと払いは商品を受け取ってから支払う後払いのことになり、いわゆる“ツケ払い”のようなものです。メルペイあと払いは2019年4月23日にスタートしたばかりのサービスになりますが、それ以前にメルカリ月イチ払いのサービスとして提供されていました。

利用者のなかには支払日を長期で延滞している人が増えてしまい、リニューアルに踏み切ったなどの声もあります。以前は利用状況などに関わらず、一律5万円まで後払いの選択ができたので、予定外の出費で翌月になってから支払いができずに慌ててしまう人もいたのです。

メルペイあと払いになってからは、利用状況に応じて上限額が設定されるようになりました。そのため、今までは5万円使えた人であっても、いきなり上限が2万円になってしまったり、使用頻度が少ない人だと1000円や5000円なんて人もいます。

取引や利用状況が増えると信用度が高くなり上限額が上がっていくようになります。

「貧困の連鎖」、「親子の断絶」などによる家賃滞納が今の日本で増えている深刻な事もあり、支払いが大きな負担となった結果、他の請求書の支払いが追いつかないのです。

家賃滞納だけではなく他にも様々な要因があって支払いが怠ってしまうのです。

クレジットカードよりも比較的に審査のハードルが低い反面、返済に困る人も多い様です。

メルペイあと払いで長期滞納するとどうなるの?

メルペイあと払いで実際に長期滞納するとどうなってしまうのでしょうか。滞納しているのがどのぐらいの期間になるのか、段階によっても変わります。まず支払日を過ぎても支払いが行われない場合、メルペイあと払いの支払いが選択できなくなります。

未回収分を支払えばメルペイあと払いが使えるようになりますが、上限額が下がってしまうこともあります。この上限額についてはメルカリがあなたに対しての信用度のようなものになりますので、信用度が低いと上限額も少なくなってしまいます。

次にメルカリで商品が出品されていて売上があった場合、この売上から未回収分を支払うようになります。さらにメルカリの一部の機能を制限されてしまうなど、今まで通りにメルカリの利用ができなくなってしまうのです。これが支払日に遅れた場合、比較的早く起こる内容です。

メルカリからもメールや電話による催促がありますので、支払いが遅れてしまっている場合はこの連絡を無視せず、誠意を込めた謝罪を行うようにしましょう。そのうえでいつまでに支払いができるのか、明確に伝えメルカリにそれまで支払いを待ってもらえるようにします。絶対に待ってくれるとは言い切れませんが、支払う気持ちがあるのかどうかによって、このあとの流れが変わっていきます。

メルカリは信用情報に登録されない理由

ちなみにメルカリの場合は支払いが遅れてもクレジットカードのような信用情報に傷がついてしまう心配がありません。信用情報を使える企業は各信用情報機関に加盟している必要があります。

例えばクレジットカードや銀行カードローンなどがその一つになり、これらの支払いが遅れてしまったり滞りがあると信用情報に記載され住宅ローンや車のローンを組むときに引っかかってしまう原因にもなります。

メルカリもお金に関して契約しているようなものになりますが、通信販売のような面にも近いので信用情報に載ってしまう心配がないのです。だからといって支払いが遅れていいことにはなりませんし、メルカリが回収できないと判断した場合は、信用情報に載ることもあります。

未回収金が長期になるとどうなるの?

メルペイあと払いのみ回収金が長期になり支払う気持ちがない、悪徳だと判断されると、未払い商品代金と手数料の回収を第三者に委託するようになります。借金取りのようなところではなく未回収金を変わりに請求してくれる法律に則った会社です。

第三者の会社からも未回収金を支払うように電話などで連絡がきます。その連絡を無視してしまうことなく必ず電話に出るようにしてください。

メルペイあと払いで支払いが遅れるとメルカリから連絡があり、第三者機関、最後に弁護士に委託されるようになってしまいます。弁護士を通して支払い督促を受けているにも関わらずそれでも支払いが行われない場合は、法的な手段に出ることも充分に考えられます。

弁護士に委任されるまでは何回か連絡が届くはずですが、その期間内に支払わない、督促を無視すると裁判所からの支払い督促を受けることになってしまうかも…。場合によっては少額告訴になってしまうこともありますし、法的回収が認められれば商品の回収だけでなく財産の差し押さえになってしまうことも考えられます。

最悪、給料が差し押さえになってしまうこともありますし、どこから未回収金を支払うことになるかがわかりません。ここまで来ると家族に内緒にしている人でも借金をしていることを知られてしまう原因になります。

もちろん段階がありますのでいきなり給料の差し押さえになることはありませんが、その可能性も決してゼロではありませんので、メルペイあと払いの支払いが遅れても信用情報に登録されないからと安易に支払いをしないまま滞納するようなことはおすすめしません。

そもそも支払わなかった分、延滞金も発生してしまいますので商品代金だけでなく遅れた分のお金も支払わなくてはいけなくなります。余計に支払う金額が増えてしまうので、お金がきついと感じる原因にもなりかねませんよね。

メルペイあと払いで長期滞納した人はいるの?

以前のメルカリ月イチ払いだったときに、半年の滞納をしていて弁護士からの連絡も無視した結果、訴訟の一歩手前になってしまった人もいるようです。弁護士に委託されると回収期間が決まっていますのでその期間内に回収できないと判断すると、裁判になってしまいます。

長期滞納なんて他人事だと思っている人もいるかもしれませんが、メルペイあと払いのように最長2ヶ月近く支払いが先になる場合、予定外に出費が出てしまい支払いができなくなってしまうこともあります。

その月に使った分を翌月の1日~末日までに支払うのですが、できるだけ早めに入金するようにして後回しにしないようにしてください。給料が入ったらすぐに入金しておくようにすることで、支払いが遅れてしまうのが少なくなると思います。

メルペイあと払いで長期滞納してしまうと、メルカリから第三者に委託、弁護士など問題がどんどん大きくなってしまいます。第三者や弁護士に委託されると信用情報に登録されてしまうこともありますので、電話やメールなどの連絡は無視せず必ず謝罪をいれるようにします。

メルカリの時点で支払い日について相談しておき、第三者に委託されてしまうことのないようにしておきましょうね。メルペイあと払いはとても便利ですが、後払いにしているだけで支払わなくてはいいわけではありません。支払い方法を調整するならクレジットカードの方が支払い方法を選択しやすくなると思いますよ。

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク