メルペイあと払いの審査が通らない4つの理由

メルカリのメルペイあと払いを使いたいけど審査があると聞き、審査が通るか心配している人もいるのではないでしょうか。

メルペイあと払いについて調べてみると審査が問題なく通ったという人もいれば、メルペイあと払いの審査に落ちてしまったなんて人もいます。

審査が通らない理由や解決策など、メルペイあと払いの審査のすべてを徹底的に説明します。審査に不安がある人は必見です。

スポンサーリンク

メルペイあと払いとは

メルカリが行うお支払いサービスの一つになり、今月の購入代金を翌月にまとめて支払いできるサービスです。

2019年4月23日にオンライン上で本人の完了ができる

アプリでかんたん本人確認

とメルペイの実店舗での商品購入で後払いを選択できる

メルペイあと払い

のサービスがあります。

もともとメルカリ月イチ払いの名称を変更して実店舗での決済にも使えるようにしたものです。

メルペイあと払いが利用できるのは、メルカリで商品の買い物をしたときや、メルペイあと払いが使用できるお店(コンビニなど)のお支払い時に選択できます

基本的にはクレジットカードでその場の支払いや、コンビニなどで期限内に支払わなくてはならず、次の給料日まで時間がありお金がないときなどメルカリで買い物をしたいとお思っても我慢しなくてはいけませんでした。

メルペイあと払いのメリットとして我慢せずに欲しいものが今すぐ購入できること、その月に何度もお買い物をしても翌月末にまとめて支払うので1度だけのまとめて払いができるので、商品を購入する度に支払う必要がありません

まとめて支払う分手数料は300円のみですし、メルペイあと払いの上限額も「自分で設定」できるので、ついつい使いすぎてしまう心配もありません。

メルカリやメルペイで支払うときは、メルペイあと払いを選択する必要がありますので注意してくださいね。

また、使った分は翌月の1日に利用した分の明細が通知されますので、翌1日~末日までの好きなタイミングで精算できます。

メルペイあと払いは事前に審査がある

メルペイあと払いは誰でも使えるサービスではなく、メルカリが独自の審査を行ったうえで利用者を決めています。

メルカリがあなたの信用状態を判断したうえで利用額を決めています。

サービスを利用する為には、事前に「銀行口座の登録」もしくは「アプリでかんたん本人確認」を行う必要があります。

以前は本人確認書類を郵送しなくてはいけなかったので、すぐに使いたいと思っても手間も時間もかかってしまいましたが、e-KYCを導入することでこの問題を解決しています。

e-KYCとは?

本人の顔写真と公的証明書(免許書等)をスマホで撮影することにより、オンラインで本人確認を可能にする仕組みのこと。

またメルペイあと払いの上限額は月最大5万円までと決められています。

この金額は過去のメルカリの利用実績などに基づいて、ユーザーごとに決定しているものです。

そのため希望額を最大にしたいと思っても、ユーザー自身が決められるものではありません。

メルカリの利用状況によっては、この上限額が高くなっていくこともあります。

この上限額の審査基準については発表されていません。

登録時にフリーメールアドレスや携帯の番号で登録する人もいると思いますが、メルカリからの信用度を高くしたいのであれば、固定電話+キャリアのメールアドレスで登録するのをおすすめします。

またメルペイあと払いを選ぶ前に必ず覚えておいて欲しいのが、あくまでも“ツケ払い”であることです。

手元にお金がなくても商品が購入できるのはとてもメリットが大きく感じるかもしれませんが、商品の購入は「契約行為」の一種になります。

後払いになるだけでお金の支払いは必ずしなくてはいけませんので、支払いできる範囲で商品の購入を行うようにしてくださいね。

メルペイあと払いの審査に通らない理由

メルペイあと払いの審査に落ちてしまう理由にはこんなものがあります。

メルカリの公式サイトにも大まかな項目が記載されていますが、よりこんな事例で審査に落ちている可能性がある詳細を説明していきます。

1. 18歳未満

メルペイあと払いは18歳未満の人は、サービスを使用することができません。

メルカリで商品を購入するときは現金にての支払いのみとなってしまいます。

商品を購入してからコンビニでの支払い期限には数日間の猶予もありますので、無理なく返済できる金額を購入するようにしましょう。

未成年の場合はいかなる理由があっても後払いの選択ができませんので注意してくださいね。

2. 本人情報の登録が済んでいない

メルカリを利用する場合、現金払いなどは本人情報の登録がなくても購入できますが、メルペイあと払いを使う場合は「本人情報の登録」が済んでいないと審査が通りません。

メルカリの登録情報を一度見直し、必須事項に抜けがないか入力内容が間違えていないか確認するようにします。

例えば住所が途中までしか入力されていないなんてことも考えられます。

3. 利用制限がかかっている

何らかの事情でメルカリやメルペイの利用制限がかかっている人の場合、メルペイあと払いの審査が通らなくなります。

またご利用状況などを判断した上で“適していない”と判断した場合は、メルペイあと払いが使えません。もともとクレジットカード支払いを選択している人の場合は、メルペイあと払いの上限額が低かったり使えない場合もあります

メルペイあと払いにこだわりがないのであれば、クレジットカード払いにしても結果として同じ支払いサイクルになります。

4. 未払いがある

メルペイあと払いの精算期限を過ぎている未払いの分があると、メルペイあと払いができなくなります。

メルカリで商品を購入しうっかり支払いを忘れているものがないかどうか確認して、支払い忘れがないようにしてください。

支払いの管理ができていない=信用度が低いと考えられてしまい、メルペイあと払いの審査が通らない原因になってるかもしれません。

それが少額の商品であっても期日までに支払うのは必須です。

メルペイあと払いの審査に信用情報は関係ない

メルペイあと払いですが、クレジットカードなどの支払い遅延とは違い審査に信用情報は関係ありません

これはメルカリ自体が信用情報と契約していないので直接的な審査には影響しないと考えられます。

そのためメルペイあと払いの審査が落ちたとしても信用情報が関係しているとは考えられません。

メルカリの利用状況などを判断したうえで審査が行われ、“メルカリとの信用度”によって決められています。

メルペイあと払いの場合、決済や未払いが発生したといても、信用情報にもブラックリストにも載ることがありません。

ただしキャッシュレスが普及して後払いなどのサービスの利用者が増加すれば、信用情報にも登録せざるを得なくなります。いつまでも信用情報に登録されることがないから大丈夫と勝手に判断しないようにしてくださいね。

一度、信用情報に登録されてしまうと5年間はその記録が残ってしまい、住宅ローンや車のローンを組むのに支障が出てしまうこともあります。

メルペイあと払いの審査に通らないならクレジットカードがおすすめ

メルペイあと払いが本当は使いたいけど、さまざまな理由で審査が通らないこともあります。

メルカリはその原因を発表していませんので、支払いの選択ができないことで審査が通らないことを知ることになると思います。

メルペイあと払いはその月に何度使っても翌月末にまとめて支払いを行うため、振込手数料が300円かかります。

メルペイあと払いと同じ支払いのサイクルにしたいのであれば、クレジットカードでも実は同じことになります。カードによっても支払いサイクルは異なりますが、翌月末払いのものもたくさんあります。

むしろクレジットカード払いを選択すると、300円の手数料がかからなくなりますし、ポイントも貯まります。

支払い状況によっては分割払いを選択することもでき、すぐに支払う余裕がない人でも欲しい商品を我慢せずに購入できます。

ただし後払いにしているだけなので支払わなくていいわけではありませんので、必ず使った分は支払うようにしてくださいね。

クレジットカードは支払いが遅れてしまうと信用情報に記録が残ってしまい、ブラックリストに登録されてしまいます。

おわりに

メルペイあと払いはその場で支払わずに翌月の末にまとめて商品代金を支払える便利なサービスになります。

ただしメルカリと利用者の信用状況をもとに上限額を決めていること、使用状況に問題があるとメルペイあと払いが利用できなくなってしまいますので注意してくださいね。

未成年の場合は難しいのですが支払いを後払いにしたいのであれば、クレジットカード払いでも同じですので、審査がどうしても通らないときは検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク