minute後払い審査通らない理由

手元にお金がなくても、クレジットカードを持っていなくてもホテルに宿泊できるminute(ミニッツ)はとても便利なサービスです。

終電を逃したとき、デートの流れでホテルに泊まろうとおもったとき、出張費を一時的に立て替えなければならないとき、など様々なケースで役立ってくれるサービスですが、後払いサービスである以上、審査に通らなければ利用できません。

以下では、minute(ミニッツ)の審査落ちについて、その理由も含めて考察していきます。

スポンサーリンク

minute(ミニッツ)は本当に審査しているの?

minute(ミニッツ)の登録から利用開始まではとても簡単です。ログイン/新規登録をクリックし、表示された個所に電話番号を入力してSMSが届くのを待ちます。送信されてきたSMSに記載されている6ケタのコードを入力し、住所のわかる身分証明書の画像を添付送信すれば登録完了となり、すぐに全国25000軒以上のホテルから宿泊したい先を予約できるようになります。登録にかかる時間は2~3分ほどであるため、“本当は審査していないのでは・・”とも思ってしまいますが、利用規約などに審査について明記されていますので、しっかりと審査はされているようです。

minute(ミニッツ)の審査についてより詳しく

minute(ミニッツ)の審査として知っておくべきは、登録について審査されているのではなく、ホテルへの申し込みそれぞれについて、であることです。トップページ下部、よくある質問に以下のように明記されています。

“全てのお申込みに対してご本人様確認および利用審査を行わせていただきます。”

この申し込みとは、ホテルの予約申し込みそれぞれを指しているようです。その裏付けとなるのが、連泊へのminute(ミニッツ)の対応がとてもシビアであることが挙げられます。

minute(ミニッツ)のホームページのよくある質問を開けば、連泊についてのQ&Aも見られます。

“連泊の際も審査結果判明までは連泊はできないことをご認識ください。”

“宿泊日ごとに利用審査を行わせて頂きます。”

といった表記があるので、ホテルの予約申し込みにおいては、一泊ごとに審査しているのがわかります。

また“審査結果が出る前にホテルに行っても良いですか?”という質問に対し、

“審査結果判明前は予約手配が完了しておりませんためチェックインできません。結果判明までお待ちください。”

とあるため、かなり小回りの利く審査を行っていると伺えます。

信用情報が理由で minute(ミニッツ)の審査に落ちる場合

審査である以上、審査落ちしてしまう可能性は十分にあります。

まず公式ホームページ上でも明記されている審査落ちがあります。それは合計6泊以上の宿泊予約があった場合です。

minute 公式サイト

“審査結果次第ではございますが、連泊でのご利用も可能でございます。(合計最大5泊まで)。ご宿泊日ごとに利用審査を行わせて頂きますので、全てのお日にちで審査に通過しない場合もございます。あらかじめご了承くださいませ。”

とありますので、5泊を超える申し込みは自動的に審査落ちとなってしまいますので、一週間の出張などで利用する場合には注意が必要です。

どのような後払いサービスでもそうであるよう、minute(ミニッツ)も審査基準を公開しているわけではありません。

ホームページの利用規約“第3章 掲載施設の予約・変更・キャンセル・利用”の“第8条(掲載施設の予約方法)”にも審査について触れていますが、その基準までは記載されていません。

いずれの後払いサービスも独自の審査を行っており、自分の信用状況に不安があれば、審査落ちする可能性もあると認識しておく以外にはありません。

例えば、後払いサービスへの支払いを滞納したことがある、借金の返済を滞納している、といった場合には審査落ちのリスクが高まります。

後払いサービスは踏み倒しリスクがある以上、そのリスクを担保する会社がついています。

調べてみたところ、minute(ミニッツ)は後払いドットコムを利用しており、その運営元である株式会社キャッチボールがminute(ミニッツ)のリスク担保を行っているようです。

“チェックイン後、3営業日以内にご自宅へ発送いたします。

なお、チェックインから1週間以上経過しても請求書がお手元に届かない場合、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

後払いドットコム:03-4326-3600


上記のような記載もあったため、ほぼ間違いないでしょう。

後払いドットコムが利用できるサービスとして、minute(ミニッツ)が紹介されています。

つまり、後払いドットコムを利用している後払いサービスの利用状況に傷があれば、minute(ミニッツ)の審査は当然、厳しくなります。

後払いドットコムの利用できるサービスをいくらか探してみたところ、あらゆるジャンルのアイテムを取り扱っているauユーザーには御馴染のWowma!、もはや説明する必要もない楽天市場、人気のファッションアイテムを取り扱っているSpendard.comなどがありますので、後払いドットコムはかなり広範にわたってリスクを引き受けているようです。

その他の理由でminute(ミニッツ)に審査落ちする場合

ホテルに後払いで宿泊できるというminute(ミニッツ)は、事業者にとって立て替え払いが発生するサービスなので、審査自体はスピーディーでも、審査にかけるための材料については厳しく定められています。

必要とされるものを提出していない、正しく情報を入力できていない、といった場合には審査落ちリスクが高まりますので、以下を参考にもう一度確認してみてください。

まずは、入力内容に誤りがある場合です。業者にとって立て替え払いするとは、その利用者にお金を貸すことと何も変わりません。

もしも、これらの入力情報が正しくない場合、デタラメの情報を登録しても審査に通り、利用できてしまうこととなりますので、当然ながら入力情報が正しくない場合には審査は通りません。

minute(ミニッツ)は携帯番号を入力してSMSを受け取り、そこに記された番号を入力するだけのシステムなので、SMSが届かない場合、入力する番号を間違えている場合には利用できません。

厳密には審査落ちではありませんが、利用できないから審査に落ちたと思い込まず、どこかにミスがないかもう一度確認してみましょう。

また、minute(ミニッツ)に提出する本人確認書類が同社の求める内容に沿っていない場合も審査は通りません。

よくある質問からも確認できますが、審査に有効な本人確認書類として以下のものが挙げられています。

・運転免許証(両面)
・健康保険証(両面)
・パスポート(お顔が認識できるページと所持人欄のページ)
・住民票(発行から3ヶ月以内のもの)
・住基カード(両面)


いずれも有効期限内かつ現住所の記載が必要とされている点にも注意が必要です。

両面が必要なのに、方面の画像しか添付していない場合、有効期限が過ぎている場合などは書類不備となってしまいます。

特に気を付けておきたいのが、現住所の記載という点でしょう。

おそらく人によっては住民票を移さないまま、遠方で暮らしているような場合もあると思います。

特に大学生などに多いケースですが、住民票を移さずに別の場所で居住している場合、その住所は居所として取り扱われますので、自らその旨をminute(ミニッツ)に申告しなければ審査にはほぼ影響ありません。

むしろ問題となるのが、住民票を移して間もない頃です。

住民票を移した場合、上記のような身分証明に使用できる書類についてはそれぞれ変更手続きをしなければなりません。

例えば、運転免許証は警察署に出向くなどして裏面に変更の旨を記入してもらわなくてはなりません。

こういった手続きをしておらず、minute(ミニッツ)に本人確認書類として運転免許証を提出すれば、事実と反する情報となってしまうため、審査に通らないこととなってしまいます。

まとめ

minute(ミニッツ)の審査に落ちた場合、ご自身の後払いサービスの利用状況をまず振り返ってみて、その内容に心当たりがなければ、登録手続きなどに不備がないかどうか確認してみましょう。

特に提出した本人確認書類には注意が必要です。

画像が不鮮明で必要事項の確認に不安がある場合にも必然と審査に通りづらくなってしまうので、minute(ミニッツ)に送信した本人確認書類の画像の質もチェックするようにしてみてください。

最大5泊まで、宿泊日ごとに審査を行うというminute(ミニッツ)ならではの特徴もしっかり把握しておきましょう。

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク