バンドルカードの 発行日数とチャージ手数料はどれくらい?

この低金利の時代に、手数料の支払いはできるだけ避けたいものであり、そういった目的も兼ねて多くの人々がクレジット決済を希望し、

クレジットカードを持たない人はバンドルカードに注目するといった図式となっています。

以下では、利用を思い立ってからどれほどの期間でカード利用が可能となるのか、現金をチャージする際に手数料はどれほどかかるのか、

バンドルカードの利用開始までについてご紹介するとともに、その他手数料の有無についてご案内していきます。

スポンサーリンク

バンドルカード発行までの日数

発行日数

バンドルカードの利用は、アプリとしてのみ利用するか、カードも発行して並行利用するか、の2つの方法があります。

アプリとしての利用のみであれば、アップストアグーグルプレイから専用アプリをダウンロードし、必要事項を記入して登録すればすぐに利用可能となります。

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ 

好きな時にポチっと簡単お買い物

バンドルカード

バンドルカード

街中でも利用できるリアルカードやリアルプラスカードを発行する際は、申し込みからカードが届くまでは通常で1週間、最大で2週間ほどが目安となっています。

住所にマンション名がなかったり、表札に宛名の名称が記載されていないような場合には手元に届くまで予想外に時間がかかるケースもあります。

見落としがちなのが、転居によって郵便局へ転居届を出しているような場合です。

リアルカードやリアルプラスカードは転送不要郵便で送られてきますので、転居先などへは届けられません。

以上より、3週間ほど経っても届かない場合には何かしらのトラブルがあったものとして、問い合わせてみるといいでしょう。

なお、リアルカードの発行には新規カード発行費用として300円リアルプラスカードには600円の手数料がかかります。

バンドルカードにチャージする際の手数料

発行したバンドルカードにチャージする際は、コンビニ払いやPay-easy対応ATMからの支払いなど多様な方法が用意されていますが、基本的にチャージ手数料は無料となっています。

しかし、ドコモのケータイ払い、ソフトバンクまとめて支払いの場合には、チャージ金額が5,000円以下のときに、チャージ1回につき300円チャージ金額が6,000円以上の場合、1回につきチャージ金額の6%の手数料がかかります。

つまり、チャージ金額が10,000円だったとすれば、10,600円が携帯代金の請求時に加算されることとなります。

上記以外に手数料がかかるのは、ポチっとチャージを利用した際です。

ポチっとチャージでは3,000円から20,000円までをチャージすることができますが、1回チャージするごとに所定の手数料がかかります。

手数料はチャージする金額によって2段階に分かれており、3,000円から10,000円までは500円、10,000円から20,000円までは800円の手数料となっています。

ポチっとチャージは現金がなくても翌月末までの後払いとできるものだけに、いわば借金の一種に他なりません。

カードローンの利息のようなものと考えれば納得いきやすい範囲内の手数料ですし、利便性とのトレードオフにおいてもユーザーのほうがメリットを享受できているといえるでしょう。

バンドルカードに関するその他の手数料

手数料

審査もなく、手軽に取得できるVISAカードであるバンドルカードについてはこれまでご紹介してきたよう、

リアルカード・リアルプラスカードを発行する際、ドコモのケータイ払い・ソフトバンクまとめて支払い・ポチっとチャージを利用してチャージするときにそれぞれ所定の手数料がかかりますが、上記以外のものとしてかかる手数料が口座維持費と解約料です。

通常の使用においてはどちらも無縁だと思いますが、念のために両者についてご紹介していきます。

口座維持費は、バンドルカードを120日間利用しなかったとき、以降の30日ごとに口座残高から100円ずつ差し引かれていくものです。

最終的に口座残高がゼロとなったタイミングでカードは停止されるものの、アカウントは残ったままであり、アプリ上で利用再開の手続きをすることも可能です。

4か月以上もバンドルカードを利用していないときだけ生じる手数料なので、このような状況となってしまっても、おそらくそれほどの痛手を受ける人は少ないと思います。

また、解約料は残高全額となっていますので、残額があるときに誤って解約しないよう留意するだけで事足ります。

まとまった現金をチャージしたまま忘れてしまう人もいないでしょうし、もともとチャージ上限額も決まっているので、解約料もさほど気にする必要はないと思います。

銀行口座を巡り、長期にわたって取引のない休眠口座の取り扱いをどうするのか、が実社会において問題となってきていますが、バンドルカードはそれらのような休眠口座が生じないようにするための工夫として、口座維持費と解約料を導入しているのでしょう。

ユーザーからしても、小額のお金なのでスッキリしていいかもしれません。

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク