Paidy(ペイディー)の支払い期限過ぎた場合の5つの解決策

Paidy(ペイディー)を利用したことを忘れて翌月の支払い期限を過ぎてしまってないですか?

今回はPaidy(ペイディー)の基礎情報や解決策5つをご紹介していきます。

スポンサーリンク

Paidy(ペイディー)とは?

Paidy(ペイディー)

メールアドレス電話番号を登録するだけで、簡単に商品を購入することができる便利なサービスです。

登録自体が簡単にできて、今では利用者は100万人を超えているとのことで、クレジットカードや本人確認証明書の登録も必要なく済み安心できる後払いサービスとなっています。

料金の支払いは商品が届いた後でコンビニ・銀行などで決済することができます。

請求の案内はSNSとメールで届いてから、支払いする仕組みなっています。

今まで、代引きなどでは宅配ボックスがあっても受け取りできませんでした。

しかし、Paidy(ペイディー)がを利用することで買ってすぐに発送され、不在の場合でも宅配ボックスがあれば受け取り可能となるのです。

もちろんクレジットカードは不要です。上記でも述べた通り「メールアドレス」と「携帯電話番号」で利用することができます。

Paidy(ペイディー)は分割での支払いでも決済できます。購入した同じ月であれば分割に変更することも可能です。

Paidy(ペイディー)の仕組み

・商品を購入する
・Paidyに申し込む
・商品が発送される
・商品が届く
・翌月にコンビニまたは銀行で支払う

支払いが後払いということで、注意したいのが支払い忘れや予期せぬ出来事滞納です。後払いなので気が緩み、買い物をしてたことを忘れたり支払うのがめんどくさくなってしまうかももしれません。

では支払いが過ぎてしまったときはどうすればいいのでしょうか?

Paidy(ペイディー)の支払い期限過ぎたどうなる??

連絡が来る

支払いの日を過ぎてしまった場合は督促メールが届きます。その後に支払いをすれば問題無いですが、それを無視し続けると大変なことになってしまうのです。

支払いの請求状況の確認はMy Paidyで確認することができます。

限度額が下がってしまう

Paidy(ペイディー)を使うにあたっての利用限度額があります。この限度額は収入によって違いますのでどの程度下がるかは公開されていません。クレジットカードと一緒で期限内の支払いは重要になって来ます。

〇〇リストになる??

Paidyはクレジットカードと同じ信用情報機関に加盟しているので、支払い期限を過ぎてしまうと最悪の場合、ブラックリストになってしまいます。

信用情報機関とは?

株式会社CICが私達のクレジットカードの契約内容・支払い状況・個人属性・残債金額などの情報を一括管理していて、CICに加盟している会社であれば個人の詳細情報をCICから教えてもらうことで個人の信用のチェックをしています。CICでブラックリストになれば、クレジットカードを作ることはまずできないですので注意が必要です。

裁判沙汰になる可能性も

裁判になる前に、弁護士を通して法的に処置しますとメールで遅れて来ます。ブラックリストになるのもそうですが、一番まずいのが運営会社から訴えられてしまうことですね。

そうなって来ると財産の差し押さえになるのです。こうならないためにもしっかりと対策する必要があります。

5つの解決策

1 支払いを済ませる

当然のことですが、早く支払うことに越したことはありません。

2 家族にお金を借りる

今用意できない場合は、一時的にお金を貸してもらうことで返済することが大切です。

3 Paidyカスタマーサポートに連絡する 重要

これはかなり大切で何も連絡しないと悪質な利用者と判断されてしまったり、詐欺になってしまうのです。支払う意思を伝えることによりこの人は遅れたけど支払うつもりなんだと運営会社は判断します。

4 クレジットカードのショッピング枠を利用する

クレジットカードのショッピング枠の現金化を利用して、現金を手元に作り支払いを済ませる方法となります。

詳しくはこちらの記事でその方法をご紹介しています。

【最短10分】クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法|めちゃ簡単です

クレジットカードもない方はバンドルカードでポチッとチャージして現金化する方法もあります。

【現金化は違法?】バンドルカードを現金にして引き出す方法【換金率90%以上】

5 金融機関でお金を借りる

人間完璧な人はいなく、ほんとにお金がないときはあると思います。

突然の病気や怪我、急な出費など用意できないことは人生生きていれば誰しもが遭遇すると思います。

そんなときはキャッシングサービスを利用するのは一つの手段です。

一時的な金額なら、利息がないところもあるので自分にあった金融機関を探してみることが必要です。

まとめ

後払いだからといって気軽に買い物できるので、むやみやたらに買うのではなく計画性のある買い物をすることも大切です。

本当に今必要な買い物かを考えてからPaidy(ペイディー)を使うことをおすすめします。

ほんとにお金がないときは、金融機関はとても便利なので検討してみてください。

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク