バンドルカードが使えるお店について

誰でもプリペイド方式でクレジット決済ができるようになるバンドルカードは大変便利なものですが、利用できるお店・利用できないお店もあります。

それらは、バンドルカードをアプリで利用しているのみか、リアルプラスカードを持っているのかによっても変わってきますので、詳しくは以下に目を通して確認してみてください。

スポンサーリンク

バンドルカードが使えるお店

バンドルカードはVISAカードとしてクレジット決済できますので、国内のVISAカードが使えるお店であればリアルでもオンラインでも使えます

 

ですが例外もあります。

ここからは使えないお店について見ていきましょう!

バンドルカードが使えないお店

使えないお店

バンドルカードは、一部のお店やサイトでは使えないです。

バンドルカードが使えないお店

  • 公共料金
  • 宿泊施設
  • 定期支払いまたは定期購読
  • 高速道路
  • ガソリンスタンド
  • 保険の支払い
  • 畿内販売

例えば、ガソリンスタンド(セルフ含む)、宿泊施設(ホテル・ロッジ)は思わずクレジット決済したくなる先ですが、いずれも利用できません。

宿泊施設では、ホテル内に設けられている飲食店でも利用できないとされている点には特に注意が必要です。

宿泊利用せず、レストランだけを利用するケースも多々ありますが、このようなときに決済できないことを意味します。

 

また、公共料金や保険料の支払いにも対応できませんし、高速道料金の支払いにも対応できないのでETC利用ができません。

後者はクレジットカードのように本人確認がされていないバンドルカードならではのデメリットといえるかもしれません。

本人認証が必要な加盟店でもこれが理由で決済に用いられないこととなっています。

この他にも、公共料金や保険料の支払いにも利用できないなど、公式ホームページ上にて一覧として紹介されています。

このようなお店で利用制限される可能性があります

バンドルカード公式ホームページ上には利用が制限される先として具体的なお店の名前が列挙されており、意外とメジャーなものも含まれていることに気づかされます。

バンドルカードが使えないサービスやサイト

GMO-PG、タニタ、IIJ、ニコニコプレミアム、コミックシーモア、大阪タクシー交友会協同組合、ファッションウォーカー、民事法務協会、ニコニコチャンネル、FC2、LINE ※1、DMM、ワイヤアンドワイヤレス、Tzarmedia、Game ON、ソニー生命、PIXIV、楽天コミュニケーションズ、リンクライフ、SPS代表、DRAMAX ARENA、グッドスマイル、CAPCOM、ディズニーランドホテル、DTI、asahiネット、アメーバ、BIC Wimax、スカイパーフェクトTV、日本タクシー、NHK放送受信料、ラジコ、アクトビラ、ツタヤディスカス、バンダイチャンネル、Yahoo!ウォレット、ツタヤディスカス、えがお、クックパッド、サミーネットワークス、HULU、カドカワDC、U-Next、LINE PAY ※1、ツタヤTV、CHECKMATE、EPOCH、大京タクシー、絶版漫画図書館、レキオスモバイル、セカイモン、キグナス石油、ヤマダ電器モバイル、フィールサイクル、リゾナーレ、イープラス、ソフトバンクモバイル、ブランドプリペイドオーソリ、トヨタレンタカー、オリコン、まんが図書館、コミュニティーサイクル、オリコンミュージックストア、ビットキャッシュ、DONNA PLAY、ケーブルテレビ、衛星放送、クラブホークス、サミーネットワークス、EVENTIFY

※1 iTunes経由での決済はできます。

などが、利用の制限される先のリストに含まれています。

 

より詳しくは公式ホームページ内にてご確認いただければと思いますが、利用が制限されるかどうかは適宜変化していくようなので、定期的にチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

そこに列挙されているお店はあくまで利用が制限されることが判明している先であり、VISA加盟店側が独自の判断でプリペイドカードの利用をブロックしていることもあるそうなので、リストアップした以外の先でも利用できないことがあると明記されています。

使える先を増やすならリアルプラスカードの発行がおススメ

バンドルカード

× バーチャルカード 国内(オンラインのみ)
リアルカード 国内(海外サイトなら利用可能)
リアル+プラスカード 国内・海外(海外の実店舗OK)

これまでご紹介してきた先が利用できない理由として考えられるのは、本人確認できていないためであるといえます。

 

バンドルカードは銀行口座開設時やクレジットカード発行時にあるような本人確認手続きをおこなっていないため、利用できない先からすると、そこがどうしても不安となっているのでしょう。

 

そういった考え方を裏付けるかのように、リアルプラスカードを発行すれば、上記のような利用先の制限はほぼ解消されます。

 

リアルプラスカードを発行する際には、クレジットカードの申し込みをはじめとする金融サービスの利用開始時に必要な本人確認手続きをしなければなりませんので、結果として相応の信用が担保されるのでしょう。

もっと使えるお店を増やしたいとお考えであれば、リアルプラスカードの発行をおススメします

ただし、宿泊施設やガソリンスタンドにて利用する場合には、ちょっとしたイレギュラーが生じますので注意が必要です。

 

それらで利用すれば、宿泊施設は25,000円、ガソリンスタンドは8,000円を下回る金額であったときでもこれらの金額が差し引かれ、後日に戻されることとなります。

 

具体的にいえば、

ガソリンスタンドで3,000円の給油をしたとき8,000円が差し引かれるものの、後日に5,000円が戻される仕組みとなっています

仮想通貨を決済手段として利用するのに便利

仮想通貨

昨今の仮想通貨ブームによってビットコインを持っていらっしゃる方も少なくないでしょうが、実際にビットコインを決済に使用したいと思っても、使える先はかなり限られています。

そこでおススメしたいのが、バンドルカードにビットコインでチャージし、VISAとしてクレジット決済する方法です。

 

この方法であれば、ビットコインをこれまで以上に気軽に決済に利用できるようになるでしょう。

 

バンドルカードにチャージする際の手続きもアプリからできますので簡単ですし、手数料もかかりません。

 

その他、仮想通貨をお持ちであっても、それらをビットコインへ変えてからバンドルカードにチャージすることで、仮想通貨がより実用的なものとなっていきます。

使用感および利便性は実際にバンドルカードを介して決済してみないとわからないところが多いと思いますので、是非この機会にバンドルカードをお試しになってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク