後払いを未払いのまま放置すると裁判沙汰になる!?

後払いはとても便利なサービスですよね。後払いサービスを使って商品を購入する人年々が増えています。そこで気をつけたいことは返済できなくなってしまい挙句の果てに未納が続くなんてこともあるかもしれません。

今回は後払いを未払いのまま放置するとどんな危険性があるのかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

後払い未払い危険性

お金の管理はしっかりして置かないと大変なことになりかねません。

「後払いを使ったはいいけど返済のお金はどうしよう〜」「支払いするの忘れてたし、お金ないよ、、」

そんな窮地に落ちいてしまったときはすぐに対応する必要があります。

まずはどのようなリスクがあるのかを見ていきましょう。

後払いサービスが一時的に使えなくなる

これは当然かとは思いますので支払い計画をしっかりすることが重要です。

クレジットカード同じでブラックリストになる

後払いの会社はほとんどが信用情報機関に登録しているので、もし遅れてしまって未納のままにシておくと、クレジットカードと同じく信用を失い、直近の5年間はお金を借りることができなくなってしまいます。

ブラックリストになる場合の事例

  • 長期間返済が滞納
  • 個人再生・自己破産
  • 任意整理

支払いが確認できないときはメールが届く

大体の支払い関係のものは、メールや電話などで払っていませんよ、ということを言って来ます。

その為、メールが届いたらすぐに払う様にしましょう。

支払いを無視し続けると詐欺罪で訴えられることも

後払い運営会社よりメールが来たり、支払い用紙が来ます。

後払い運営会社から委託された弁護士(債権回収代理人)から督促のメールが送られてきたり電話がかかってきたりします。

その支払い用紙には、「お支払いがこのまま確認できない場合は弁護士より法的措置を致します。」
なので訴えられることになってしまうのです。

NP後払い

請求が長期間に渡りますと、弁護士事務所などの債権回収機関に債権の回収を委託します。
債権回収機関より連絡を差し上げ、状況によっては法的措置がとられる場合があります。
以下をご確認のうえ、至急のお支払いをお願いいたします。

引用元:NP後払い

訴えられた時の最悪の場合は、強行執行で財産の差し押さえを余儀なくされてしまう可能性もあるのです。

払えないときはまずどうするの??

後払いを利用した会社に電話する

まずは、運営会社にお問い合わせすることは鉄則です。支払いの意思があるのかないのか運営会社にとって見たら全くわかりません。なので今は払えないと相談することでこの人は支払い意思があるのか、と理解して待ってくれる可能性が高まります。

支払い日が過ぎた請求書でも支払いすることもできるようです。無くしてしまった場合は再発行してもらう必要があります。

突然の急病や事故で大金を払ってしまってなど等のこともあるかもしれません。急に支払いができなくなってしまうこともあるのでしょうがないので理由をしっかり伝えましょう。

お金を借りる

これは最終的な手段で、お金を借りることのできるサービスを探す。人にお金を借りる方法もあります。借りたらしっかり返せば問題無いですが、もし返せなっかたときにトラブルの原因になってしまうことも。信用を失うことになってしまうので人から借りるのはあまりおすすめできません。

キャッシングのサービスを使うのが一番良いかもしれません。即日で借りれる金融機関もあるのでほんとに困った場合は活用することも対処策としては有効です。審査も簡単にすることができるので一度試すこともおすすめします。

まとめ

後払いを放置したままにすると大変なことになってしまうのがわかりましたね。後払いを使う際は十分の支払い計画のもと期限内に支払いをすることが大切です。

もし払えないときは、早急に対処することを徹底して、また後払いのサービスを使えなくなってしまわない様にしましょう!

スポンサーリンク

今月お金に困っている
どうしても欲しい物がある
飲みに行くお金が足りない
デートや遊びに行く資金がない。。
そんな時におすすめな
今、話題のバンドルカード !

バンドルカードは審査なしで、ポチッとチャージするだけで簡単にお金が借りれます
あっという間の数分でご利用できます。
ポチッとチャージする
金額を決めて、アプリでポチっとするだけ。急な必要のときも、すぐにおかねが手に入るので「今欲しい物がある」「会いたい人がいる」「お小遣いが足りない、、」「今日は飲みに行きたい」なんて方にぴったりなカードです!
すぐに利用できます

 

おすすめの記事
      スポンサーリンク